玩具・景品モノ

2017年08月17日

1/1000 地球連邦アンドロメダ級2番艦『アルテバラン』 模型製作 

yamato2220qrute

  1/1000 地球連邦アンドロメダ級2番艦『アルテバラン』

夏休みの宿題進んでますか?
最近じゃあ 年間の授業日数を消費するためには 小学生から夏休みが短くなるって話らしいですから
社会人になる前に大切な少年期の思い出も削られて…これじゃあ可哀そうですなァ~


今回はアンドロメダの2番艦『アルテバラン』です。
正直言うと 空母型の3番艦『アポロノーム』を買いたいので 電飾ユニット付きの今回の2番艦は
アンドロメダの値段と同様なら買う予定はなかったんですよね…
たまたまTwitterでアマゾンが半日だけ安くなってる時間帯がある事を知って
いきおいあまってポチってしまいました…送料込みで1万円切ってたら買うよねぇ…笑。


今回は風の噂で聞いている電飾無しになるという『アポロノーム』用にユニットは残しつつ、
アンドロメダで組み立てて気になっていた 箇所の回避すべく工程を変えて製作してみました。

DHPYPgFVYAQ8Dyl

船体の成型色は残しつつ、水性デカールで再現される部分を塗装する事にしました。

船体ラインと一部分にはミスターホビーの缶スプレー11番ガルグレーでスプレー塗装。
バンダイの水性デカールもこの色っぽいみたいです。
黒い部分はいつもの万能ミスターホビー40番ジャーマングレー になります。

アンドロメダからの鬼門であるダクトスリットの一部分の塗装ですが
マスキングテープで保護しつつ ジャーマングレーと
ミスターホビーガ〇ダムカラーSG02MSブルーで交互に乾かない内に薄々吹き付け攻撃で
若干暗めに塗装しています。
成型色は多分特殊なカラーじゃないと思うのでもしかすると
手ごろなカラーがあるのかもしれませんねぇ…

DHQSz1wU0AACdzX

アルテバランの白い帯の幅は4mm
上手塗るポイントはマスキングテープ(6mm)で ラインのガイドを作る事。
艦首は魚雷発射管の中央2本をまたぐ様に中央へ向かっていきます。
艦尾は4本の姿勢制御(?)のモールドをまたぐ様に中央に線が引かれています。
中央の突起物のあたりを見てみると かならずしもラインの中央上には ならず
前方のラインよりも後方のラインが下がってる様になるのが◎です。

これは喫水線よりも波動砲の位置が上方に位置しているデザインで設計されているためで
ですが、いつものパース角度で見ると側面のふくらみの強調のおかげで
ラインの段差は違和感がないという優秀ぶりです。

最初にサーフェイサー(グレー)で下地を作るように塗ってからガルグレー(11番)を塗り重ねています。
白っぽい色は1回ではスプレー缶ではきっちり塗れないので何度か乾かしては重ねる様に塗った方が
良いでしょう…。

塗る前に指で マスキングテープをしっかり定着しているように擦りこみましょう
表面張力で溝なんかに塗装が這ってしまうからです。

今回は後方のラインは補助ノズルのパーツまで マスキング塗装が終わったあと
補助ノズルの外殻を外し、残りの後方の白線をマスキング塗装しています。

電飾ユニットをつけている場合、F1の16番をつけずにマスキングした方がなにかと
失敗しにくいかも…。

DHRCh8aUAAE36gk

DHUY_LwUAAAmRA4

黒い部分の細かい箇所は缶スプレーの塗料を皿などに移して筆塗り、
個人的に筆で塗った際、乾いたあとの凹凸が少ないのでいつもコレ

黒い部分は  ①『4連グレネード』の中、②甲板 ③艦首のセンサー(?)
       ④補助推進器のバルジの一部分(連邦マークの近くです)
       ⑤メインノズルを接続するC6パーツの5mmくらいの塗り分け
       ⑥補助推進器のノズルがついている船体の凹み箇所
       ⑦艦底にぶら下がってるコーンの一部

ダクト穴はガンダムマーカー黒(極細)で塗り

一旦トップコート吹いて スミイレ→水性デカール貼り します。


DHWRNqMVYAAhABk

ついでなんで 水性デカールの話を…バンダイの水性デカールは割れにくく ピンセットで
はさみやすいので 初心者でも扱いしやすいと思います。

Mrマークセッター(軟化・接着剤)とカーブがついて先端が細いタミヤのピンセットを購入すると◎

① 貼りたいデカールをハサミで切り出し 皿に貯めた水に6秒ぐらいピンセットに挟んでたっぷり漬けて水から出す。

DHWSh_SVwAEBJ5v

② 貼りたい所に濡れた台紙付きデカールを当ててかるく水を乗せておく
(その方がガッシリデカールが張り付かすに泳ぐのでデカールの位置を調整しやすい)


③ しばらくすると台紙からデカールがスライドして離しやすくなるので じわじわ台紙の
ハジに移動して剥がして プラモに貼る。


DHWUL-LVwAQEigl

④ 貼って ピンセットの先でチョコチョコ触って位置調整出来ない場合 慌てずに
指で皿から水をつけて デカールに水を移すと
動かしやすくなるので再度ピンセットで貼る
位置の調整をすると良いです。
最後に ティッシュでヨリ線を作って 要らない水をデカール外の周辺から吸い取り乾燥。



⑤ 乾燥したあと Mrマークセッターをデカールの上から塗って 乾かします。
2回ほどするとプラモに定着 します。 気泡や 溝が深い場合、
デザインナイフやピンセットの先などで かるく つついて マークセッターを塗る

さらに軟化しやすく定着しやすくなります。トップコートで完了。


大きいデカールの場合扱いやすいサイズに分割するのも◎です合わせ目をきっちり そろえれば
目立ちません。


DHVHh_oXUAEyU5T

DHVHkaLW0AQr38f

DHVHnOIXoAEin94

今回アルテバランの製作工程ですが アンドロメダとは違って 船体を組んでから塗装しましたが
部品バラバラに塗って組み立てりより こっちの方がプラの塗装による歪みが発生しにくかった様な
気がします。

DHVHo8IWAAIDzyq

DHVKYzYWAAAvFY3

写真で明るい青ですが 成型色は前回発売された『ゆうなぎ』と同じ 暗いブルーになります。

次はいよいよ 1/1000 ヤマト2202版ですね ♪



n1239unnso at 11:54|PermalinkComments(0)

2017年08月03日

おひさしぶりです

7月まるまる更新してなかったですね…Twitterではちょこちょこつぶやいていましたが、
夏は色々と仕事上 体力的にも ぐったりしているので 日々があっという間に過ぎるのは早い様で…

宇宙戦艦ヤマト2202の1/1000シリーズの新作プラモも アンドロメダの姉妹艦である別カラーバージョン以外は
10月まで空いているので再びプラモも休憩期間が続いたりするので
予定ではなかったバンダイのスーパーミニプラ『機甲界ガリアン』を買って組んでたりしてました。

DFKapDGUAAAPA0r

バンダイって時々 別シリーズで 同キャラクターの商品化が続く時があるので
プラモの場合、横目で観察してから『今回限りの新作』を判定するんですが、
今回はハイメタルR化かはないかなぁ~と思いまして…。

IMG_20170211_235423_453

ダグラムは腰の可動域が新作でも改善されにくかったので 他社の商品にまったく
手を出さなかったので バンダイのダグラムは当時のデザインボリューム感は残しつつ
足のポーズをつけるのは優秀なのには買って感動しました。
C4YguWPUMAAQqS8
C4Ygvm_VUAMXHXt

前に描いたイラストにもポーズとれるんですよ♪

C-856YPU0AASAo1
C--e8YuUwAAAXap

一方で出ないものは出ないということで 旧キットをパテやらで加工して仕上げなきゃ
いけないキャラクターもあるので周年記念という期間時期にすべての要求にメーカーが
答えられないのもありますが…


DFkXqgsUQAAAu4J

DFkXsBWUwAAG0yi

蛇腹剣モードのパーツは 別の商品のおまけに付いてるそうですが、プラなので
自由に変形できないので今回はあきらめようかと…

DFkXt7iVoAAyPgF

スーパーミニプラは今回は初めて購入でしたが内容はミニプラといえど、
1/144のガンダムプラモより関節パーツ数が非常に多いし可動も造形もピカ一で
劣っていない商品ですね…今度のラインナップは『ザンボット3』とのことで
変形機能もカバーしているとの事で即購入決定済み、手元に届くのが楽しみであります。



n1239unnso at 09:35|PermalinkComments(0)

2017年06月28日

地球連邦主力戦艦・ドレットノート級 1/1000 『宇宙戦艦ヤマト2202』

IMG_001
  地球連邦主力戦艦・ドレットノート級 1/1000 『宇宙戦艦ヤマト2202』

DDadiwMV0AA6RMl

はじめに…
携帯電話のカメラで撮影したため画像がボケたりカラーが統一できてなかったりして すみません。

宇宙戦艦ヤマト2202のプラモデル第二弾は『主力戦艦』が登場しました
現在のところ非常に売れ行きがいいらしく店頭では売り切れ状態になってるとか…
自分も在庫1つの状態だったので結構すごい事になっているのではないでしょうか。

今回のキットは艦橋上部アンテナと周辺の左右に伸びる突起物が一体成型で金型一発抜きされている
というバンダイの職人技で 鬼門とされていたアンテナの 組み立ての簡略化に成功しています。

さらには第一弾のアンドロメダの造形から早々に 電飾の光漏れ問題を 遮蔽シールでふさぐのではなく
黒いカバーで一旦 発光部とクリアパーツを包んでから 船体に取り付ける仕組みに改善されています。


DDadYd0UAAEEp2D


DDadWF1VwAE96U4

船体基本色は成型色のままで
甲板に タミヤ缶スプレー TS-4
白い部分に タミヤ缶スプレー ライトグレイ AS-16
赤い部分は Mrホビー(クレオス) ヤマトレッド YS02
推進機黒部分 Mrホビー(クレオス) ジャーマングレイ 40
一部グレー色違い部分 Mrホビー(クレオス) 軍艦色(1) 31
となります。

DDadxKgUQAE6q4S

水性デカールには14隻の艦名が印刷されており、複数買いの方も安心の 好みの
名前で主力戦艦を作れるようになっています。

DDadXPGVYAAl3q9

DDVYQ6nU0AA4tm3

後方の縦に色分けされた部分は 着色(もしくはシール)が必然で そのままだと船体の基本色
のままですから、場合によっては 旧作カラーと仕上げることもできます。

DDadZx2V0AAoIbs

DDVYT6qU0AIK52r

艦首波動砲と艦橋灯は付属のLEDパーツで光らすこともできます。
後方船体は引き出し方式で外れるようになっており、新しく発売されている電飾ユニットを仕込む事で
可能となっています。
この後方の船体分割位置、今後のバリエーションの展開の重要部分になりそうな予感もします。

DDLmSm-U0AA7ioT

側面連邦マークのインテーク部分、設定通り 奥の部分を赤く塗りましたが、製作途中
の画像以外うまく映ってませんねぇ~苦笑。

◆追記 7月2日のなんばパークスシネマで舞台挨拶付き2章を前席で見たとき
艦橋横の塗り分けを見つけて 忘れていたので塗りました。

DDuooJ0UwAAhyJs



n1239unnso at 23:50|PermalinkComments(0)

2017年05月11日

静岡ホビーショー『2202版 宇宙戦艦ヤマト』

静岡ホビーショーが開催されておりますが、『宇宙戦艦ヤマト2202』でも
主力艦の他、アンドロメダ型の2番艦 色違いの『アルテバラン』の発表もされましたし、
試作品の2202版ヤマトもお披露目されていますね。

写真は拾い物の画像ですが、これらを丹念に見ていくと
主力艦に取り付け出来ると言われている LED電飾パーツが こちらにも装着出来る様な
パーツ分割構造に変更されているだけでなく 全体的に2199の1/1000モデルの頃に発生していた
隙間をパテで埋めるといった問題点を無くすために 1/500で好評だった型抜き方式に変えている
部分が特に艦橋周辺に多く見られます。
第1艦橋窓枠の抜き方も 『く』の字の先端に向かうほどㇵの字に細くなっている点も良いですね
(第2艦橋窓枠はかえって控えめなのも〇)
艦首にある バルバス‣バウの最初の分割線も
段差にない美しい曲線ラインを生かすスジ彫り線に変わってますね。


C_ggmyZVwAE1e8w

C_gglakUIAA4dLJ

船体の側面は1/500で加えられたスジ彫りが追加され 2202版で加えられたクビレ表現が
ちゃんと再現されています。
梯子を再現したモールドなど 2199版の2種類のヤマトの模型では抜け落ちていた
設定情報をちゃんと細かく ひろいあげて再現されてますので
これは良い『決定版』となりそうで 今からたのしみです。

しいていえば 自動航法室と甲板が一体成型だから 甲板塗り分けするのが大変かな?って所ですかね(笑)

C_ggoRYUwAAOs7v



n1239unnso at 20:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年03月30日

バンダイ 1/1000 地球連邦・宇宙戦艦アンドロメダ製作

IMG_011

         1/1000 地球連邦・宇宙戦艦アンドロメダ

発売されて6日経ってますので 完成されている方もいるかもしれませんが先ほどこちらも完成したのでUP
します…
40年経っても 三大宇宙戦艦 『ヤマト』『アンドロメダ』『アルカディア号』のポジションが変わらないほど
相変わらず『ポスト』が登場しないのは 残念な限りですが、情報量を下げる事とのないさらに完成度の高さに
生まれ変わっているアンドロメダには素直にうれしいですね。

C72agEJVQAA_fOM

今回迷ったのが色の問題で 個人的なイメージだと グレー色のヤマトより
『明るいグレー配色でかつ青っぽい』イメージがあり、一部の艦橋の色と艦首は『黄色っぽい』
という点。


プラモの成形色だと暗く感じたので 使用したカラーは船体カラーにRLM65ライトブルー(NO115 Mrカラー缶スプレー)
艦首にキャラクターフレッシュ(1)(NO111 Mrカラー缶スプレー)を使用しました。
またアクセントにRLM76ライトブルー(NO117 Mrカラー缶スプレー)を使用しています。
これは劇中の3Dモデルに実際 明るい部分と濃い部分を塗り分ける事でライティング効果を利用しなく
ても立体感の効果が出る様にしているという話をもとに 特別上映されて時に売られていた
劇場パンフレットに掲載されているアンドロメダの画像を片手に模型にも塗り分けをしてみました。

C77n0_PVwAA1jpu

ちなみに甲板はTS-68木甲板色(タミヤ缶スプレー)で塗っております。

全体的には劇中の悪そうな暗さではない『明るいアンドロメダ』になっているかもしれません(笑)

C8FXNfPVwAEGe51

↑ 写真でどうしても青くなりがちなので これが実際の色っぽいかも…。

C8JfGVvU0AApsAm

完成。
今回のプラモはLED&SEサウンド付きなので ごらんの通り…🎵

C8JfKS3UQAAIKyq

C8KKB6eVwAEEKzu

C8KKCxKUMAA1Ucx

C8JfH86UMAAt9sU

C8JfJNcUQAABXkF

C8KKBDOVoAAzpFq

C8KKDtUVwAMNNVL

遮光シールの⑤番は パーツの組み立てに障害があるので説明書通りには使用しませんでしたが、
他のシールも 隙間を生む原因になるかと思われます。
全体的にパーツのハメ込みが精度が高めなので 薄塗装でも パーツがうまくハマらないために
デザインナイフで削ったり、カドを取ったりしないといけませんので組立てには注意を…。

バンダイさんにお願いをするというと
シールではなく黒縁メガネの様にクリアのプラパーツを一旦黒いプラパーツでくるむ様にしてから
外側に組み込む方がシールの厚みを計算する事無く設計できるのではないでしょうか?という事。


今後のLEDを利用した展開に期待したいとおもいます。
塗るのが大変な『甲板』も別パーツの方がいいですね…。

◆改造ポイント

艦橋アンテナの取り付け穴を1mm拡張してさらに左右ハジに配置できるようにして開いた
穴をパテ埋めしました。 あと金型からの抜きの問題で抜けてしまった『四連グレネード投射機』の造形に丸モールドをくわえてみました。


◆追記(2017・4/11)

艦尾主力推進器の塗り分け個所をパーツ分割場所から劇中通りに『手前位置』に修正しました。

C9DqFOEUMAAEie9

0f9c17e195185f19d5bde4169f4e7c64


一章で古代進が乗っている沖田艦の同型で2201年頃には推進器とエンジンを含め、武装を改修された
『ゆうなぎ』も完成、今回も塗りわけの位置調整のために上部分の青い所のみ塗装し直ししています。
TS-55ダークブルー(タミヤ缶スプレー)を下地にSG02・MSブルー(クレオス)で塗装し、船体下部のライン
がつながる様に一部を同色に塗ってあります。

C8gF38eV0AAqnXl
(ガンダムマーカーでスミ入れ処理前の画像ですが、塗り分けの参考に…)


n1239unnso at 20:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)