玩具・景品モノ

2017年05月11日

静岡ホビーショー『2202版 宇宙戦艦ヤマト』

静岡ホビーショーが開催されておりますが、『宇宙戦艦ヤマト2202』でも
主力艦の他、アンドロメダ型の2番艦 色違いの『アルテバラン』の発表もされましたし、
試作品の2202版ヤマトもお披露目されていますね。

写真は拾い物の画像ですが、これらを丹念に見ていくと
主力艦に取り付け出来ると言われている LED電飾パーツが こちらにも装着出来る様な
パーツ分割構造に変更されているだけでなく 全体的に2199の1/1000モデルの頃に発生していた
隙間をパテで埋めるといった問題点を無くすために 1/500で好評だった型抜き方式に変えている
部分が特に艦橋周辺に多く見られます。
第1艦橋窓枠の抜き方も 『く』の字の先端に向かうほどㇵの字に細くなっている点も良いですね
(第2艦橋窓枠はかえって控えめなのも〇)
艦首にある バルバス‣バウの最初の分割線も
段差にない美しい曲線ラインを生かすスジ彫り線に変わってますね。


C_ggmyZVwAE1e8w

C_gglakUIAA4dLJ

船体の側面は1/500で加えられたスジ彫りが追加され 2202版で加えられたクビレ表現が
ちゃんと再現されています。
梯子を再現したモールドなど 2199版の2種類のヤマトの模型では抜け落ちていた
設定情報をちゃんと細かく ひろいあげて再現されてますので
これは良い『決定版』となりそうで 今からたのしみです。

しいていえば 自動航法室と甲板が一体成型だから 甲板塗り分けするのが大変かな?って所ですかね(笑)

C_ggoRYUwAAOs7v



n1239unnso at 20:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年03月30日

バンダイ 1/1000 地球連邦・宇宙戦艦アンドロメダ製作

IMG_011

         1/1000 地球連邦・宇宙戦艦アンドロメダ

発売されて6日経ってますので 完成されている方もいるかもしれませんが先ほどこちらも完成したのでUP
します…
40年経っても 三大宇宙戦艦 『ヤマト』『アンドロメダ』『アルカディア号』のポジションが変わらないほど
相変わらず『ポスト』が登場しないのは 残念な限りですが、情報量を下げる事とのないさらに完成度の高さに
生まれ変わっているアンドロメダには素直にうれしいですね。

C72agEJVQAA_fOM

今回迷ったのが色の問題で 個人的なイメージだと グレー色のヤマトより
『明るいグレー配色でかつ青っぽい』イメージがあり、一部の艦橋の色と艦首は『黄色っぽい』
という点。


プラモの成形色だと暗く感じたので 使用したカラーは船体カラーにRLM65ライトブルー(NO115 Mrカラー缶スプレー)
艦首にキャラクターフレッシュ(1)(NO111 Mrカラー缶スプレー)を使用しました。
またアクセントにRLM76ライトブルー(NO117 Mrカラー缶スプレー)を使用しています。
これは劇中の3Dモデルに実際 明るい部分と濃い部分を塗り分ける事でライティング効果を利用しなく
ても立体感の効果が出る様にしているという話をもとに 特別上映されて時に売られていた
劇場パンフレットに掲載されているアンドロメダの画像を片手に模型にも塗り分けをしてみました。

C77n0_PVwAA1jpu

ちなみに甲板はTS-68木甲板色(タミヤ缶スプレー)で塗っております。

全体的には劇中の悪そうな暗さではない『明るいアンドロメダ』になっているかもしれません(笑)

C8FXNfPVwAEGe51

↑ 写真でどうしても青くなりがちなので これが実際の色っぽいかも…。

C8JfGVvU0AApsAm

完成。
今回のプラモはLED&SEサウンド付きなので ごらんの通り…🎵

C8JfKS3UQAAIKyq

C8KKB6eVwAEEKzu

C8KKCxKUMAA1Ucx

C8JfH86UMAAt9sU

C8JfJNcUQAABXkF

C8KKBDOVoAAzpFq

C8KKDtUVwAMNNVL

遮光シールの⑤番は パーツの組み立てに障害があるので説明書通りには使用しませんでしたが、
他のシールも 隙間を生む原因になるかと思われます。
全体的にパーツのハメ込みが精度が高めなので 薄塗装でも パーツがうまくハマらないために
デザインナイフで削ったり、カドを取ったりしないといけませんので組立てには注意を…。

バンダイさんにお願いをするというと
シールではなく黒縁メガネの様にクリアのプラパーツを一旦黒いプラパーツでくるむ様にしてから
外側に組み込む方がシールの厚みを計算する事無く設計できるのではないでしょうか?という事。


今後のLEDを利用した展開に期待したいとおもいます。
塗るのが大変な『甲板』も別パーツの方がいいですね…。

◆改造ポイント

艦橋アンテナの取り付け穴を1mm拡張してさらに左右ハジに配置できるようにして開いた
穴をパテ埋めしました。 あと金型からの抜きの問題で抜けてしまった『四連グレネード投射機』の造形に丸モールドをくわえてみました。


◆追記(2017・4/11)

艦尾主力推進器の塗り分け個所をパーツ分割場所から劇中通りに『手前位置』に修正しました。

C9DqFOEUMAAEie9

0f9c17e195185f19d5bde4169f4e7c64


一章で古代進が乗っている沖田艦の同型で2201年頃には推進器とエンジンを含め、武装を改修された
『ゆうなぎ』も完成、今回も塗りわけの位置調整のために上部分の青い所のみ塗装し直ししています。
TS-55ダークブルー(タミヤ缶スプレー)を下地にSG02・MSブルー(クレオス)で塗装し、船体下部のライン
がつながる様に一部を同色に塗ってあります。

C8gF38eV0AAqnXl
(ガンダムマーカーでスミ入れ処理前の画像ですが、塗り分けの参考に…)


n1239unnso at 20:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年09月01日

1/144・レッドウォーリア(パーフェクト・ガンダムⅢ)

夏休みの工作…じゃなくて
8月末に放送された 特番で『ガンダム・ビルドファイターズ・トライ』の放送があって
その販促番組にハマって ターンX以来に 久しぶりにガンダムのプラモを買ってつくってみました(笑)

1/144サイズってこんなに小さかったっけ?って 箱開けたときの感想ですが、
体格のバランスも変わってるから 身長のサイズからの比率で頭なんか極端に小さくなってるのかも
しれませんねェ~。

IMG_20160901_112736_636
       1/144・レッドウォーリア(パーフェクト・ガンダムⅢ)

世代的にも好みとしてもパーフェクトガンダムⅢを購入しましたが、近年のガンダムは
やたら背中が無駄に羽生えてたり、フルアーマー過剰ぎみで
推進剤増やしても かえって動き悪い様にしか見えないのと
アニメでアニメーションして ビームライフル撃つ程度で 格闘戦交えてグリグリ動かないので
好きじゃないんですよねェ~

IMG_20160901_112604_667

シャア専用ガンダムなんてありましたが、赤いガンダムはレッドウォーリアですよ!

IMG_20160901_112539_315IMG_20160901_112656_667

当時(漫画版)は武器はバズーカー(高出力のビーム砲?)のみ でしたけど 盾の内側とかスカート部分に
ミサイルポッドとか付いてますが、デザインをあまり変えずに ギミックが増えてるのは
昔のファンからすると嬉しい所ですね…。

IMG_20160901_112518_524

いつも変に見える横長の目をシールの余白(銀)で 安彦アイ風に切り取って貼ったり、
頭部とマスクの内側を濃いグレーを塗ったり 角を若干短くしたぐらいの 頭部を重点的に
手直しした程度です。


n1239unnso at 12:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月13日

プラモ買う→作る→並べる 2202年問題(?)

酒の席でプラモをヤマト2199のおかげで 沢山作ってるけど
家にどうやって飾ってるのと聞かれたので 今の状況を…


IMG_20160812_234804_602

一つはクリアBOXを通販で寸法指定して 買うって方法…
これで 宇宙戦艦ヤマト2199の1/1000キットの大半は
これにギッチギチに並べて入ってます(笑)

超合金ヤマトとアルカディア号(TV版)を含む7隻(空母3杯)が上段、
左下側に地球軍とカラー別2種の艦載機4機
右側には高速空母含む11隻。

付属でメカコレのキットも 段差で生まれているスペースに 収納してあります。
(ケースの下は たぶん365日分は十分ある DVD-BOX収納スペース )

IMG_20160812_235152_109

デカいのはさすがに…という事で
ホームセンターの棚箱を棚ナシで横にして裏に同様の白のベニアパネルは貼り、
前は上下にL字のカド材を取り付け クリアパネルをはめ込んで取り付けられるようにあります。

これで2199で販売された分と、その他で販売されたプラモやら 超合金がこちらも隙間なく並んで
あります。(1/500のヤマトの後ろに ガンヘッドとNノーチラス) 



2202はアンドロメダとかどうしようって話ですが…苦笑。




2199のプラモの再販が9月~10月に行われるようです、一部のネット通販は予約が始まってるそうです。

n1239unnso at 17:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年07月28日

ロボット魂(バンダイWEB限定)・ネオファム

IMG_20160726_215523_714

やっと バーツの機体、ネオファムが発売されました。
サイズ的には むか~し ハイコンプリートモデルで出てきた1/144を思いだしますね。

IMG_20160728_222214_605


プロポーション的にも 昔と変わらない メカデザイン・大河原一男のプロポーションが維持されており
往年のファンは文句はなかろうと思います。
IMG_20160728_222156_476

バックパック構造の可動部分は強度をつけるために新解釈で造られています。

IMG_20160726_220120_751

これによって地上移動用としての『スリング・パニアー』の装着にも耐えられるだけでなく
バックパック部分も持ち上げられる事も出来ます。 これはいいですね♪

IMG_20160726_221304_244

作品を愛しているスタッフが製作している事もあって、即席盾もバイファムとはデザインが違う
のもちゃんと再現されているのもいいですね。 最近のロボット魂は他でも良いんですが、
ガンダムの方はあいかわらず若干ズレてますけど…。

IMG_20160726_222821_230

今回のネオファムで残念な部分は足の関節、腕の方は 膝あての部分は90度回転
可能と 硬いなりに二の腕の回転と 引き伸ばし関節で ポーズのバリエーションに表情つきますど
IMG_20160728_222120_139
IMG_20160728_222104_369


足については 本体との付け根の可動範囲と膝部分に横回転が無いために
座るポーズがしずらい点ですね…。

IMG_20160728_222004_368
IMG_20160728_221934_366

足首の可動範囲か広いからそこで修正できるんですが ちょっとここが惜しいなァ~と思う所です。


次回作は『トゥランファム』との事、そのあとのラインナップも期待しておりますぞッ!!!

◆追記

股の可動範囲を調整してみる

IMG_20160813_163319_398

①後ろの蓋の部分を慎重に外し、ビスを外します。

IMG_20160813_163255_788

②パンツ前面部分が軸の軸になっていますから 慎重に 前方に抜いて外します。

IMG_20160813_163235_743 IMG_20160813_163207_921

③通常が1枚目の軸状態、2枚目が180度回転した状態です。
軸は『への字』になっており、180度変える事によって可動範囲は大きく変化します。

下の画像は めいっぱい上に可動させた状態…左が通常 右が180度軸回転させた状態。
ここまで変わります。

④左足から股のパーツに接続し、隙間に右足の軸を差し込んであとは元に戻したら完成です。

IMG_20160813_163151_649

IMG_20160813_163418_573

若干 立ち状態で股の空間が広くなる感じがしますが、梱包のケースにちゃんと入るので
そんなにひどく横に広くなっていないのかもしれません。

IMG_20160813_163505_744 IMG_20160813_163437_569

座りはごらんの通り、股部分はどうしても がに股にはなりますが 足は通常より安易に
真っすぐに立てて曲げる事ができます。

改造での破損は自己責任ですので ちゃんとした道具を用意して作業してください。






n1239unnso at 23:17|PermalinkComments(2)TrackBack(0)