漢たちのヤマト 

2017年03月09日

BDが届いたので細かい所を観てみました。

C6EpVyGU4AEsZli

バンダイビジュアルより、先行で劇場限定販売されたものと同じモノが初回上映日より
一週間遅れで送られてきたので 今回はそれでも一般販売より早いので
本編内容とは違った視野で鑑賞の感想をしたいと思います。

ブルーレイ映像の画質は極めて高画質で 映画で観たり 先の冒頭12分がBSなどで観たのと違って
細かい部分のコントラストがはっきりしているので ビットレートの低減による情報欠落の大きさに驚くばかり
であり、より画質の良い4K復元力のある液晶TVと大画面で映えるかと思われます。

2199では CGモデルに汚しが 弱かったが 線画の情報量と汚しがさらに加えられており
カットごとに静止状態に抽出されたCGモデルに手描きの線を加えて情報量を増やしているシーンがありましたが

2202では シーンによって強調パースをつけたり、変形アニメーションを加えて破壊エフェクトの効果を
加える方向性に変化しており、

古代の乗っていた『ゆうなぎ』の艦橋内部など 2199で製作、データーで残された財産をうまく利用しつつ

今後のエフェクトアニメーターとのCGクリエーターとの融合性の高まりによる映像表現が楽しみでもあります。


音響に関しては5.1ch化こそはないものの 劇中音楽の録音スタイルを変えている様で 楽器ごとに耳に聞こえるサラウンド効果のある調整がされているかと思われます。


次回は映像で気がついた細かい見所を語ってみたいと思います。




n1239unnso at 20:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月06日

2202の一章の主題歌は?

ご覧ください。




n1239unnso at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月21日

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』 第一章本予告(60秒ver.)



いよいよ第一章が2017年2月25日から松竹系で特別上映開始されます

http://yamato2202.net/

さらば~やTV版2 を 観た方では この予告を見るだけでも 出しおしみ無く登場する おなじみのメカや戦いは
2202では前哨戦でしかない事を臭わせています。
新たな兵器やメカがいかにいつ登場するのか期待せずにはいられない 一章上映となるでしょう。



n1239unnso at 07:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月25日

2202版 アンドロメダの性能は?





来年は2202がいよいよ 上映開始となるので、プラモもバンダイから アンドロメダが発表されました。

Andromeda_front_01
Andromeda_back_01


よく見ると側面形状が 日本海軍の伊勢や長門にある膨らみの様な 形状とくびれがデザインされているのがわかります。
デザイン発表の頃は このデザインをプラモでも採用するとは思っていなかったので
劇中のままのモデルの立体化ということで バンダイの本気度は見て取れます。
サイズ的に1/1000ということでヤマトより一回り大きい形状なので 台に何かしらを演出できる
スイッチ類が 配置されていたりと、メーカーはこれっきりとは考えていないハズなのであとに続く今後の
ラインナップによっては定番のギミックになるかも…?と考えてしまいます。




◆ 相も変わらず、師走に追われているので更新が遅くで申し訳ありません、
   もう一回 年末に 更新できればと 思っております・・・それではまた。

n1239unnso at 17:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年11月26日

形状変化(文章一部修正)

本編使用のCGモデルが公式で発表されたので
2199版ヤマトから2202版にどう変化したのか、
アンドロメダが『さらば~&2』からどう変化したのか考察してみる。

ヤマトの方は後方のパルスレーザーの武装数変化以外に
A~Fにかけての船体ラインが2199版から変化している
波動砲はさらにピーキーな開口して全体的にごくわずかだが大きくなり、波動砲下回りの肉厚が増えている
この形状を生むために艦橋手前「F」のあたりで二段階の形状変化を作って艦首に向かって しぼりを2199版
より少なく変化させることCまで甲板の幅を余力を残して縦長気味だった波動砲の開口部に若干の幅が
生まれていると思われます…。(全幅は変更ない様です)

今回の画像では確認は難しいが、とある所の画像(HPに見られる玉盛さんの線画ではなく公式のCGモデル)
によると第1主砲の砲塔位置が若干後方に後退、側面にある展望室の上の窓(通常航行でもシャッターで閉まっている)
3枚の艦首方向の1枚分までの位置に主砲の後方部分の面が届く様に移動、変更されている様である事や
第2主砲の下の甲板は基本の艦体色になっているなど変更点は多くみられる。
(波除けの裏側の上り台や階段も無くなっているのが確認される点もある)


yamato2202

一方はアンドロメダの方は喫水線を波動砲の横にあるの魚雷発射管の4つちょうど2つに割った中央に
引いたとして 船体は喫水線上方より下方の方がやや太っており、幅が変化している様である
艦首先端の大きさと波動砲の大きさのバランスは絶妙なベストな大きさだと思う、
ややタレ目に見えると知人が言ってたが波動砲開口部を斜めにカットした事で
ヤマトの様に艦首に向かってしぼめていく形状で小さくなってしまう波動砲を程よい
大きさに維持していると思われます。

今後、プラモ発表などの写真情報で形状変化がさらにわかるのが楽しみになってきました。


n1239unnso at 00:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)