2016年07月30日

『シン・ゴジラ』を観る

CoixdZzUsAA7rqn

        バンダイのガチャポンより、『シン・ゴジラ』 300円

冒頭、庵野秀明さんが仲間内でまだ学生の頃、8mmで自主制作で作られた 特撮の映像を見たような
錯覚があふれる 映像が続く、

「権利で許可が下りないから、怪獣は混ぜ物で アイデアで個人が観たい特撮を撮るんだっ!」

的な 夢の結晶の怪獣が 突如ムクムクと 『夢から現実(ゴジラ)』になる…そういった作品だった。


庵野秀明さんの描く映像作品は 昔から『元の作品(映像)』が先にあって 様々なオマージュの群集体で
構成されており、
 パッチワークが上手なので  世代によっては 『元ネタ』が分からない方々にはあたかも
庵野さんが考えた『アイデア』と勘違いを生むが、

これが彼の作品のスタイルであり、自分らしさを生かす為の器であると再確認するように作られたのが
『シン・ゴジラ』だったと思う。

『シン・ゴジラ』の映像は過去、自身の作品を再生させるように カットが積まれ、『1954年のゴジラ』の
おどろおどろしい  イメージを残して 全体的に情報量を増量させている点も

123

本来の水爆大怪獣の情報量を増やしただけでなく、見ただけでゴジラの活動が分かる
『ウルトラマンのカラータイマー』であったりするなど 理由づけが的確に 注入されており むやみに
変貌していないという事が劇中を通して得られる情報量を蓄積しながら観るとよくわかる。

『1954年のゴジラ』の唐突に出して 特に説明がなかった『ゴジラの必殺技』も

シン・ゴジラでは上手で、 
ここぞと いわんばかりの 地獄絵図で表面上のインパクトを与えるだけでなく

後半の攻防戦『弱点を突く作戦』に向かうための
布石にもなっている点でも 2時間という尺をうまく使い切っている作品ではないだろうか…。

公開されてまだ1日経った だけなので ここまでにするが、

続編やリメイク作品としての位置でもあるが、 『シン・ゴジラ』は 1本の作品として、 
前作の復習&説明ナシで楽しめる 作品という点も 評価したい。

58250972_p1

   

 



n1239unnso at 08:17│Comments(0)TrackBack(0)軍曹のつぶやき… | おすすめ映像作品

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字