2011年07月28日

なにかどんどん下が削られるような感覚が…(追記7/29)

asida001a


アニメーター・芦田豊雄さんが23日、亡くなりました。
自分の時代だと『銀河漂流バイファム』を筆頭に『魔法のプリンセス・ミンキーモモ』・『Dr・スランプアラレちゃん』
『北斗の拳』・『魔神英雄ワタル』を感性の豊かさを少年時代に観ることが出来た作品になります。

『宇宙戦艦ヤマト』は映像が26話分完全にソフト化されて資料と供に何度でも確認できる環境になってから
氏の業績を再確認するなど確実にアニメーションの革命の時代の中のクリエーターだったと思います。

 「訃報を知った際に中古本をインターネットで購入した本が今日届きました」

 「当時の作画の線のバイファムキャラクターとあまり描かれていない貴重なモモ画とガラットのイラストが大半の画集になってます。」


 「わし、ここら辺の線がすきなのでドンピシャ画集、のちのち『全仕事集』の新刊が出るかもしれないれど…」

 「出たら確実に買うでしょうね…(苦笑)」

 「この本の最後に載ってた座談会が面白い話が…」

 「どれどれ…」

 「石黒昇さんのグループである『アートランド』メンバーで板野一郎さん2人と若き、漫画家のゆうきまさみ、
スタジオライブのメンバー等での飲み会」

 「豪華!」

 「そこで石黒昇さんとの昔話で芦田さんは『アルプスの少女ハイジ』のパイロットフィルムをエイケンにいた頃で作ったそうで、対して石黒昇さんは
サンライズで『動物キャラクターもの』をカルピス名作劇場の看板アニメに日本アニメーションとサンライズが競争していたそうです…」

 「企画当初から、高畑&宮崎の作品じゃなかったんだ…」

 「なので、今度『ハイジ』もBD化でパイロットフィルムが収録されるらしいけれど芦田キャラらしいですよ」

 「流れ流れて、両者が『ヤマト』にいて『ハイジ』と裏番組で対決するとは因果な話ですね…」

 「そのおかげが、西崎Pの情熱もプラスして『ヤマト』は当時パイロットフィルムから動くアニメに仕上がっている反骨心アリアリの挑戦の映像でした」

 「パイロットだけで終わるんじゃなく試作や映像のアイデア出しがしっかり出来ている映像でしたね…」

 「もとから絵コンテにない演出で遊星爆弾で強く揺らいで大地が岩盤の様に吹き飛ぶシーンは原画を描いた芦田さんの犯行だそうで
パイロットで西崎さんがいたく気に入って本編でも使用したという話です」

 「芦田さんの作画の回って島と古代の掛け合いが面白かったり、真田さんとの浮遊要塞島攻略など人物演技の濃い所が印象高いです。」

 「コスモクリーナー起動で死んでしまった雪を迎えに行く古代のシーンの演技もよかったですね…。」

                               ◆

 「ミンキーモモの決定稿のキャラクターを描いたんだけれど作画には参加しなかったのは理由があって、
  Dr・スランプの頭身のバランスが抜けなくて、どうしてもミンキーモモが頭でっかちになるので描けなかったらしい・・・笑」

 「バイファムで徐々に頭身が戻りつつある線が出てきて、ガラットで伸びきったふいんきがありますね…」

 「自分の絵柄の回復途中の頃の絵だから今度は月日が経って、昔の絵に似せきれないのかなァ?」

 「そういえば座談会、なんで、ゆうきまさみさんがいるんですか?」

 「近場に住んでいたらしく芦田さんに呼び出された飲み仲間らしいですよ」

 「つながりがよく見えないんですが、アニメ雑誌OUTのメンバーつながりなんでしょうか・・・」


◆追記

 「ウィキぺディアでバイファムを検索で記事読んでると脚注が変なのを見つけた」

 「どんなところ?」

 「ベルウィック星からステーションに待機されていたジェイナス号に帰還した際、制作スタッフのミスから、
初めて訪れたはずのバーツが「元のまんまだな」と発言している。…と書いてあるんだけれど、DVDで観ると言ってるのはロディでバーツはその前に「うひィー無事だったぜぇ~」
「ボギーさまさまだぜぇ~♪」としか言ってないんだよね…」

 「バーツがコンピューターの事をボギーと言うのは?」

 「ケイトさんが先に「ボギー、明かりを付けて…」と言ってるから大丈夫」

 「あと宇宙練習艦なのにバギーや不必要な陸戦装備が後半のククト星上陸に出てくる…と書いてるんだが
これも変で、タウト星に着いたあとで地球軍に合流している際に重力のある場所でバイファムを飛行可能にするスリングパニアーを
盗んでいる描写がある事や、強行でジェイナス号を大気圏突入させる計画を立てている点で必要な陸戦装備を盗んでいると
考えた方が正しいと思うので間違いだと思う…元々地球軍も目的が上陸目的だからね…」

 「スリングパニアーで気がついたけれど、敵のARVってジャンプ能力は高いけれど自力で長時間飛べない!…輸送機ありきで飛べるという設定だったこと」

 「回避プログラムを利用しないでおのおので戦ったロディ達が勝つ事が出来るというプロセスも
さらっと説明せずに映像で演出されているのもこの作品の深い所ですね…」

 「ヤマトらしい部分も発見! ジェイナス号発進プロセスの専門用語のセリフが長い後にメイン推進器のタメのあとブワーっと出る所…」

 「そうゆう所もこの作品の見どころです…ヤマト好きなら気に入る部分が多い作品だと思います…」






n1239unnso at 20:07│Comments(0)TrackBack(0)漢たちのヤマト  

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字