2011年07月07日

銀河漂流

vifam001



『銀河漂流バイファム』がDVDで再三のBOX化だそうです。
1作目終了後製作されたOVAの収録ないのという話です。

 声優さんに実際、小学生や中~高校生に通っていた人たちが主役を張ったり、新人でここで出世したりと
今でもほとんどが活躍する方々となっております。

 原案に富野由悠季とテロップで出ますが、もともと『15少年漂流記』をもとに企画書を書いたのが始まりで
『異星人からの戦争に逃れて地球に帰還しようとする民間人の話で、異星人には当初から誤解を生み攻撃を受け追跡されるのだが最後は誤解が解け、
和平で無事地球に戻る話』だったと記憶しています。

この原案企画で一度アニメ化しようとしたのが『機動戦士ガンダム』で、当初では宇宙船が主役で、戦闘機で戦う話だったとか…(どっかで見たようなメカ構成のような…)
 むろん、玩具メーカーはロボットが主役で、カラーリングはトリコールカラーにして主役ロボが基地の様な宇宙船に立てるようなイメージを
ホワイトベースにもっていたそうです。(商品としてザンボット3みたいなのを欲しがっていたんでしょうね…)

 企画書にあったシナリオは無くなっており、その後 富野監督は『イデオン』で、もともとの企画書の様なシナリオを混ぜたような構想していたようですが、
登場人物、みんな『お星様になってしまった』時点でまた形を変えてしまった様です。
 富野監督にとってこの原案はまさに『企画漂流』だった様です…。

神田武幸監督と星田博之・脚本の元に企画が持ち込まれ、それを元に製作されたのがバイファムで作品内容
についてはオリジナルである事やらで2人の共同原作になっている様です。

 銀河漂流バイファムはその前に映像化されたタカラがプラモでヒットした『太陽の牙ダグラム』の確信的に兵器的なデザインやカラー色でプラモがヒットした経緯というのがあって、
 バンダイもこの作品が企画から初めて手掛けるという事もあり、『ポスト・ガンダム』として構想していたようです。(続編方式にしてダラダラ作るというのは当時は無かった様ですが…)

 デザインにはダグラムから続く宇宙兵器ロボットして、工学系の大学生を招いて姿勢制御やコンピュータ系の設定を導入してデザインされたのですが、

これについても当時のサンライズのアニメは『ダンバイン』『ゴーグ』『ボトムズ』が同時期製作されている環境で外からのスタッフ人材確保によるスタイルをとったのが幸いして生まれた様なもので、

 毎日放送のプロデューサーも『日本昔話』『マクロス』を手掛けた方でとにかく挑戦した企画に大いに賛同し、スムーズに企画は進行したそうです。
 また自ら歌詞英語のみの主題歌を提案したのはこの方だそうです。

 その後のエヴァンゲリオンの第1話の参考になった(ほぼ同じとも…)といわれている『コンバトラーV』の第一話を演出したり、『ギレンの演説』『トライダーG7の発進プロセス』等でもみられる
神田武幸監督のロボットの足元でキャラクターを芝居する存在感を演出するスタイルと

 人物芝居や人情ものを得意としながらもSFに理解がある脚本家の星野博之さんの作品構成能力の豊かさでその他の脚本家が毎回いいアイデア出しが出ていたようです。

 芦田さんのキャラクターも固くなりがちの画面の作りを和らげる上で実際の子供たちに見てもらうための敷居を下げる為のデザインアイデア出しだと思われ、

 そういったさまざまの良い環境下で製作されたバイファムは企画書通りのサンライズの良心的な作品として生まれています。


158ba

(個人的には下のイラストの方が好きなのですがキャラデザインの芦田さんはもうこの絵に似せきれないそうです)


 当時の対象年齢の子供達の支持も良く、富野さんが悔しがっていたという話も聞きます…。
セイラの裸は出しても『イチゴのパンツ』で話を引っ張る演出は富野監督には無いですからねェ~(笑)

良作がヒットしたというのは当時放送中に数多く玩具で稼いだ作品というのを言われるようで、
バイファムはそれには残念ながら属しません…。ですが、いまでも映像としては人気あることから
アニメ製作側に問題があるのではなく、玩具そのものの企画に配慮がなかったのでは無いかと思います。
キャラでも売れる要素もあったし、プラモ以外での完成品の販売もあればよかったと思いました。
(あとでハイコンプリートで完成品出してもねェ~)

 アニメではバイファム以降、リアルロボットの継承はZガンダムで姿勢制御付いたメカに『なんとなく』ついているだけで
バイファムみたいに過剰に描写される事無く現在もそのスタイルは変わりません。
 グレー系のカラーリングはZで終わり、ZZの頃にはもとのトリコールカラーに戻っています。
バンダイの商売企画能力はあいかわらず踏み外し感が多いメーカーだと思います。

超合金ではやぶさ出す企画あるんなら、4分割抱き合わせ販売でもいいから、ジェイナス号をつけたRVシリーズ4機
を出してほしいねェ~ドラグナーより需要あると思うんだけど…。
そのために映像販売権利を買いもどしてるんじゃないの?と思うのですが…よくわからん。
それともHG系の模型が近々出るのか?






n1239unnso at 13:53│Comments(0)TrackBack(0)おすすめ映像作品 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字