次回作楽しみにしてたのに…ショック実写版が公式で予告編公開中。

2010年08月26日

Colorful(カラフル)を観て来ました

colorful00123
(Colorful/原作・森絵都/監督・原恵一)




書くとネタバレしやすい作品だと思うので作画の話を…
ベットに寝転がる、座る、上着を着直す…この作品の芸が細かい描写が多くてそれが
主人公達の心情さえも絵でも微妙に描いている様に うなってしまう映像だった。

「サンライズでもこういった絵を描けるアニメーターがいるんだ…」と思ったぐらいで、

こうも監督が『映画になってるアニメ』を長丁場の制作期間をトータルで調整できる方が先頭に立つ
と 方向性を見出せず、失速してしまう映画ヘタが抜け切れないアニメ制作会社が
あっさり払拭され良作を生み出すのかと驚きながら劇場を後にした 正直な感想であります…。

序盤、無気力な人たちをCGモデルでさらっと使って後ではまったく人物系には利用しない潔さも
原監督らしいくて、手描きによるアニメーションとの差別化がうまく、
その演出が『ぼくの世界』で効いている。

背景をあそこまで描きこむスタイルも 観た人が映画館から出た際に目にとびこむ外の風景に感じる
現実世界のカラフルさの感動を与えてくれる演出にもう一つのメッセージがあると思うし、
そう気づかせてシテヤラレルのが原監督らしい。

「アニメでする必要が無い」という 某批評家がいるが、アニメーションであることの意図を
どこでどう観ればそういった感想が出るのかわからない…。

原恵一監督らしい静かな世界の中に湧き上がるソウルの叫びをまたこの作品で感じる事ができた。

告知CMに流れていた曲はどうやらイメージソングらしく、ED曲は違っていた。
あれで良いと思うし、これもまた原恵一監督らしい 主題歌だろう…と思いながらスタッフロールに流れる
曲を聞きながらニヤリとした…。


n1239unnso at 23:14│Comments(2)TrackBack(0) おすすめ映像作品 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by やや矢野屋   2010年09月15日 21:57
大変遅ればせながら、私も本日観てまいりました。
これもひょっとしてネタばれになっちゃうかもしれませんが、「世界が一変」し始めるあたりでボロボロと涙が……
とても満足感のある良い映画でした。遅くなっちゃったけど劇場公開の間に観られてよかったです。

しかし、学校や家庭が舞台、友達を尾行、そしてテーマが…ということで、ついつい頭をよぎってしまうのが「マイマイ新子」(汗)
特に前半の教室風景には、生きづらい現代の中学生を切実に感じ、「新子」の時代とのギャップに胸が塞がる思いでした。
でも、「世界を一変させた」存在は、「新子」と同じ。
「宇宙ショーへようこそ」を観た時も感じたんですが、同じメロディの変奏曲を、それぞれ優れた編曲と演奏で聴かせてもらったような気分です。

さあ、来月はレッドラインを観に行くぞ!
2. Posted by くじら軍曹   2010年09月19日 22:15
もういいかな? ちょっとだけ…
食卓のシーンが多いんですけど主人公の心情も良くわかる…かたくなに手で作られた料理に手をつけたくないと反発しているあたり、「当分ハンバーグ食いたくにゃ~い!」と思ってしまうんだよね…。

>12月のヤマトは…ニヤリ。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
次回作楽しみにしてたのに…ショック実写版が公式で予告編公開中。