2015年12月

2015年12月26日

2015年度 Pixiv作品集②



アンドロメダ(仮称)は2199のセカンドの正式版が出たときに再度 描きたい作品です。





この頃の深夜アニメはBPOに反抗するような 作品がもう一作ありましたが、さすがにあっちは描けませんね(苦笑)





ターンAで終わっていれば…新作は全話通してみましたが、蛇足感しか残りませんでした
正直、キング・ゲイナーの方が面白かった。
シド・ミードのメカはパースとか正確に描くとキャラとして死んでしまうので フリーハンドの適度な歪みを残して
描いていくのに苦労しました…あと、ガンダムの白は 立体感や質感が出しにくくて難しいです…。





影のコントラストに浮かぶ光る目がやりたくて 今回の塗り方を変えてみました。
ダグラムの密度が高すぎたので 情報量を増やしてたら レイズナーの後になってしまいました。





桜姫をアニメで見た記憶がないのに『設定画』があるのが気になっていたんですが、
なるほど『もともとアニメで登場していない』が正解なんですね…
しかし、主題歌は相変わらず変な歌詞ですね…なんなんですかね 夢操作1って…笑





ガルパン劇場版は良かったですね、戦車戦→休憩→戦車戦で2時間ドンパチもすごい英断です。





ハーロックは毎回、目に注意しながら描くので 落書きでもおおそれと 手が抜けませんねェ~
あと、個人的に髪の表現も難しいですね…。






n1239unnso at 23:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)描いてみました | 軍曹のつぶやき…

2015年度 pixiv作品集①



2015年の描き初めは 宇宙戦艦ヤマト続編の2199版、『森雪』でした。
現代の服装デザインの流行りに合わないから リメイクは難しいのかなァ~と思いながら 色合いとかを調整して
色を塗りました。




下描きの清書がほぼ去年に終わって、予告も出せる所まで来てたのに2月まで色塗りが終わらなかったですね…
ハゲチョロは難しいのでダグラムのイラストは1枚で満足出来る情報量で描こうと思ったのが原因です(苦笑)




アニーは『レイズナー』が塗り終わるまでの時間稼ぎみたいな作品です…






どうやら今月終わらなそうという不安もあって 拳法のポーズ練習みたいなのを描いてみた作品です
オリジナルよりに似せなかったので 色塗っても似てくるわけもなく、キャラ画として失敗してます。





途中で アニメ設定画の本を自宅で見つけて パソコン上で修正したりしてたら完成が遅れました。
ダクトの方向とか、銃の形状とか動きのイラストを描く際に変に感じる所はオリジナルに合わせていません
光沢感を模索した作品です。





清書が済んだイラストのストックは 結構 ありまして、それらの中から引っ張り出して塗った作品。
80年代の線と塗り方にしております。




アニメ化という事で応援を含めて描いた作品。
アニメだと『とら』の耳は作画ミスを無くすため描かれていないようです・・・
永井豪寄りの とらの顔表情を描いて見ましたが原作ではこういったポーズ画はないのでバランスに苦労しました。 
獣の槍は出崎統監督風の『勢い優先』で尖ってる感じで描いたので形状は間違ってますね…。




n1239unnso at 00:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)描いてみました | 軍曹のつぶやき…

2015年12月18日

近状報告

年賀状の印刷は完了、あとは無事届くのみ…筆不精なんで一人一人に一筆なんてしません、
印刷した絵がすべてです…ごめんなさい。


さて、巷は宇宙で戦争してる映画が映画館で今日、上映という事で
TVでもCMでも いたるところでここ数日 やっておりますが 個人的に
こないだの『なんたらの女王』レベルで どの時間でも 耳鳴りの様に しつこすぎるので
ここは一人世の中に逆らって『逆境ナイン(2005年制作)』を視聴中…笑。

うまくいけば あの監督さんが やってくれるんでしょ?ハリウッド版… スタトレも今回のも コレのための前哨戦でしかないという…笑。

小野大輔も鈴村健一も 「 俺たち 吹き替えで ハリウッド進出 (^^♪ 」 とか思ってるんじゃなかろうか?
蓋を開ければYAMATO2520だったりして…

とはいえ、スポンサー多いってのは裕福だなァ~と思う今日この頃…




n1239unnso at 22:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)軍曹のつぶやき… 

2015年12月11日

ガールズ&パンツァー劇場版を観てきた

gapa02

               『ガールズ&パンツァー劇場版』

もうちょっと早く観に行くつもりだったんだけれど、仕事の関係上やら体力の消耗の為、昨日やっと
観にいきました(帰ってきたら爆睡しましたが…苦笑)

本編は いきなり『戦車戦(相手のフラッグ車を先に倒した方が勝ち)』から始まり、
中継ぎの日常(疎開学校?)からの『洗車戦(相手の全車を殲滅した方が勝ち)』という
ほぼ『戦車祭り』となっており、一つ 間違えると 単調で飽きる可能性があるのですが、
地形変化を使い切っただけではなく、 空域すらも活用したアクロバットな戦闘をするので
展開も読めない画面作りになってると思います…。

たとえば近年、ガンダムは手足があるロボットという情報量に加え、空間の動や武器に縛りが無さすぎる為に
単調になりがちな戦闘になりがちで中途半端な行動範囲や攻撃力の設定がさらに悪化して
競り勝つための戦略に魅力を損なわせている所が多々あります。

ですが、この作品では戦車という「これは出来そうにない」「これはこういうもの」というデザインの設定枠を
飛び越える知恵と勇気が炸裂する 面白さを生み、戦車の魅力を再認識してもらえる作品だと思います
(ハリウッドも「そこまではやらない」と言いそうな仰天の演出ですが…苦笑)。

gpg01

ポストカードは『プラウダ高校』 今回、涙涙の悲壮感漂う 戦闘をするのですが…よくよく考えると

この作品、戦車は壊れても 誰も死んじゃいない という…
流した涙は何処に持っていったらいいんだ?という あいかわらず 魔訶不思議なシーンに仕上がっております…笑。


まあ、最後のカットの港に帰ってきた学園艦のシーンはグッと来ましたけどね…


『ヤマトです!!!』 みたいな…
愛機との別れとか、廃艦とかちゃんとある作品は名作ですね。

…あ、そうそう イチオシの桃ちゃんのシーンが『ポンコツ具合の笑い』も含めて 多めに入ってて良かったです。

とあるシーンの背景にあった書籍のタイトル『本当にあったこわい戦車』って中身なに書いてるんだろ…苦笑。




n1239unnso at 08:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)軍曹のつぶやき… | おすすめ映像作品

2015年12月03日

2rdの道 ②

ヤマトクルーから航海日誌Vol.12
が届いたので読んでみたところ、『2rd』の進行情報についても書かれていた…


内容的には
10月23日頃に小林誠さんが2話の脚本が上がった事をつぶやいた事や 11月7日頃には会議で深夜まで議論したという
ツイッターでつぶやいてたから 情報誌はここらへんの時期で聞いたインタビューなのだろう…

むろん その後も 美術設定や登場メカ等にも着々とラフ画等で デザインが決まりつつ あるみたいだから
年末まで なるべく ストックを用意して製作に臨むのではないかな~?といったところでしょうか…

作画開始から1話分のフィルム完成まで アニメ製作は四ヶ月~六ヶ月、BDのプレス期間は納品から
一カ月ぐらいなので 来年の1月の後半ぐらいに絵コンテが上がってれば、製作員会も作画も正式にスタート
するだろうし、来年、2016年の10月~11月ぐらいには特別上映方式で劇場で観れるかもね…

小林さんが続投なら美術とかメカ周辺は製作スピードとか落ちてクオルティー落ちるって事が心配ないけど、
外注で製作した1話分を丸々直して 限定BD販売が出来なかった事(※2章)なんか考えると、余裕はほしい所ですけれど…。

ひとまず 今年12月24日にはコンサート映像を収録したBDと、
来年には4月ごろには画集で『宇宙戦艦ヤマト2199艦艇精密画集 弐』が出るとの事。

その周辺ぐらいに まだキット化されていない艦艇とかバンダイで発表&販売の情報が出る事を期待したいですねェ~

あと、客層を増やす方法なんかもプロデューサー様が語ってましたが、芸能人使うより、まず 声優さんをもっと上手に使った方がいいのかも…
男性声優だけ集めてのヤマトトークとか…それに似合うキャラクターグッズ販売とか…
女性向けのが圧倒的に少なかったから、そっちを増やした方がいいと思います。
(芸能人って昔から ゴタゴタ起こすと色々面倒だし…CDもキャラソンより売り上げに繋がらないからなァ~)
リボンを付けた猫のキャラクターの様に文句は言わないし、暴言も吐かない、
ちゃんと会社の負債だって全部返しちゃってるのと比べると たいして 利口な客寄せパンダじゃないとおもうなぁ~

ファフナーが終わったら、羽原さんどうするんだろ? 監督…しないのかな?



n1239unnso at 23:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)軍曹のつぶやき… | 漢たちのヤマト