2015年03月

2015年03月19日

勝負はこれから…

mainimage

『この世界の片隅に』という作品が
監督:片渕須直、原作:こうの史代、制作:MAPPAによる劇場用長編アニメになるという話しを聞いて
だいぶ時間が過ぎた頃、クラウドファンディングと言われている製作支援金募集という立場で
制作の存続に天秤にかけられているというのに驚いた…。

https://www.makuake.com/project/konosekai/

現在でもアニメーションは年に数十本の作品が作られ、そして消費され続けているが、
それらが10年、20年と月日が過ぎても愛され、また再び『リメイク』される『質』を持った原石は
実はごくわずかで、

劇場アニメに至っては 漫画やTVアニメの延長モノで底予算で作られたものが
漫画1本分の冊子の来場記念品や玩具をチラつかせて
客を呼び込む商法ばかりが目立つのが現状…(それぞれ関わる人達の『飯を食うための保険』として
作る事には責めるつもりはないが…)

メディアや批評家の低能ぶりの15秒のCMの内容にも満たない宣伝に簡単に振り回されて
『右向け右』になってしまい自らの目利きやこだわりも皆無の状態で劇場に足を運ぶ
客の側にも問題があるのだし、それらと数字という点で釣り合わないとすれば
『作ろう』と思い立つ決断も出せないのだろう…

だからといって 興行会社やスポンサーが過剰な興行成績の数字に
とらわれないで、「映画としての質」を求めようという姿勢を数十本に1本ぐらい
作ろう思い、劇場の座席を用意しないのは あまりにも悲しすぎる…。

その原石にある輝きをさらに照らすために 数十年の期間と努力を経てるにもかかわらず、
道を断たれ、『日の目を見ない作品が生まれる』というのは、劇場で観られる映画本質のアニメを見たいと
思っている者にとっても残念な事である…。


ささやかであると思うが、自分も応援させてもらった…。



もう一つの危惧もある、

世界でも 日本はアニメーションの高評価されているが、10年後、
現在の質にあるものが劇的に下がる時期に立たされるとではないか・・・?という点である

『手描き動画しての質』
『有機的なモノから無機質な表現の質』
『脚本、構成としての質、演出の質』
『音楽から声優、それらを録音し、ミックスさせて音響のソフトとして至るまでの質』

偏ったアニメ作りを続けていても、現在のベテランが不在になる10年後…日本はアニメ評価
される事をこのまま維持できるのだろうか?という事…。

自分は この10年で 数本でも 『映画本質のアニメ』 が生まれやすい環境があり続け、
それによって『経験』が若手に根付き続く事を 今回の問題を知って あらためて願ってやまない…。






n1239unnso at 16:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)軍曹のつぶやき… 

2015年03月17日

ダグラム初CD化! 



太陽の牙ダグラムの音楽がCD化

するそうな、しかも5月27日、すぐそこじゃん!

友人からの情報がなかったら知らないで過ぎ去ってたかも(苦笑)
宣伝薄すぎ・・・模型雑誌に取り上げてもらいなさいよ…

n1239unnso at 00:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)軍曹のつぶやき… 

2015年03月14日

見にいくゾ



原恵一さんの作品は淡々と描かれつつ、毎回「やられた感」で劇場から出てくるので
今回も見に行こうと思ってます…足を運びやすい劇場であればなお良いんですが…苦笑。

n1239unnso at 12:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年03月10日

へたに 手は出せず…

mechanic_p3

色々と わからない箇所があるので 戦闘空母『ミランガル』の迷彩色に着工したいと
決断できないんです…。

検索すれば みなさん 作ってますが、これが結構、パネルラインから読み取った
正確な迷彩ラインどりが出来ていないご様子で、間違ってるんですよねェ~。

『艦載機発進口内部は実は緑色』とか、発見したりすると 『細かい所を確認しておかなきゃいけない病』
にかかってるので、とりあえず 4月下旬の 設定資料が待ち遠しいですねェ~

時折、『星巡る方舟のBD』まだかな~って指折り数えてる事がありますが、

どうやら キャラデザイン&総作画監督の結城さんツイッターによると…

作画も動画も リテイク 真っ最中らしい…

との事で、もしかして設定資料も 遅れそうな気がします…苦笑。

規格外代表アニメの『ヤマト』らしいちゃ、らしいですが… ここら辺はガンダムは真似できない所だと思います。

n1239unnso at 23:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)漢たちのヤマト  | 軍曹のつぶやき…

2015年03月05日

ガールズ&パンツァー『これが本当のアンツィオ戦です!』を鑑賞する

gapa01

バンダイビジュアルクラブ(BVC)の購入ポイントが ヤマト2199の劇場限定販売版やBOX販売された
『宇宙戦艦ヤマト(1974年版)』『電脳コイル』などで たんまりあったので、今回 交換して送ってもらったよ~♪

TVの方のBD化されたソフトは『宇宙戦艦ヤマト2199』の投資を集中させた結果、手元に無いので今回
初めて手に入れた作品ですが、お財布の予算と機会があれば「そろえてもいいかも?」と思うぐらい 内容が良かったです。

TVでもTV版が再放送されて再度 通しで観ており、そろそろ後半のエピソードに突入するし、今回中間のエピーソードである
話がすんなり繋がって観れてベストタイミングでのも好感触なのかもしれませんが、

それに今回搭乗するイタリアの『豆戦車』がワラワラ搭乗して軽快に走行する姿や、
自走砲どうしの鍔迫り合いの様な接近戦は俺好みだったのも ハートイチコロでした…笑。

宮崎駿監督が今後『戦車アニメ』をやる様な保証も無いし、そう言ってる間に この作品が どんどん掘れるトコは掘りつくす様な気がしますし、
戦車アニメでは殿堂入りで揺るがない位置に立ってしまったな…と思いますね…。

効果音は低音がかなり効いていて 震動感が タマリマセンな…♪ 
次回の劇場版の方は劇場に足を運んでみたいと思いました。

n1239unnso at 14:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)軍曹のつぶやき… | おすすめ映像作品