2015年02月

2015年02月21日

続編を考える(2)

前回の続きで ガミラス側(イスカンダル)はこんな感じ…




◆ユリーシャ

専用の宇宙船があり、イスカンダルデザイン 艦長はネレディアが務める

護衛として艦隊構成されたガミラス艦、バーガーが指揮をつとめる

多層空母の改変があり、上層部が砲塔を増設、下部部分を無くし
住居・生命維持空間を増設、機関部の拡張が図られ、独自に物質転送装置を装備を持つ
別名『2層空母』




◆メルダ

ユリーシャと同行するも、バラン星で敵の襲撃に対し、艦載機で出撃の際 敵機の追撃が激しかったため
ユリーシャ達が乗っているアンドロメダと同行する事が叶わず バーガーと共にバラン星にとどまる
その後、バラン星へ向かうゲート(2199の時真田さん達が起動させたゲート入口)でヤマトを待ち、
ヤマトに乗ってアンドロメダの追跡に同行する。



◆サーシャ(仮)

スターシャの娘(6歳)、今回の会合に勝手にユリーシャの船に乗船→やがてヤマトに乗船する
進には 亡き父親の姿重ね、愛情を寄せており、進に会って しばらくの仮想の父と娘として
時間暮らせる事が彼女の目的だった…。




◆ガミラス少年兵(星巡る方舟で登場)

青年となり、バーガーの良き 側近、智将として次期有望とされているが本人にそのつもりが無い。
会合中 一時、サーシャのお守り役として傍におり、彼女に振り回されっぱなし状態。
ヤマトに乗船後、おもり役が古代に移ったことで 島にワンツーマンで操舵手としての教えを習う



◆ストーリー続き

会合中、バラン星宙域で 宇宙魚雷の奇襲を受ける…
数発の攻撃を受けても誘爆せず、なおも直進し相手の固い装甲を溶解させて有毒なガスを発生させ
内部爆破する宇宙魚雷の攻撃だった…。

無題


バーガーは混乱する戦場の現場を整えさせ、アンドロメダに残っているユリーシャ達を引き留めさせ、
自分の艦隊に敵をひきつけさせながら、
ひとまずこの宙域から撤退させるため、バラン星の長距離ワープ装置のゲートでアンドロメダを脱出させるのだった…

辛くも敵の襲撃と現時点で破壊不能な宇宙魚雷をバーガー達は物質移送装置で回避させながら戦い、勝利するが
 敵の一部はアンドロメダを追尾してゲートをくぐってしまった事で安心できない状況になっていた、
だが艦隊の消耗は激しく補給と修理が必要だったのだ…。

やがて地球にバラン星で起こっている緊急事態の一報がアーケリアスの通信ネットワークですぐさま地球にいる古代達に知る事となる…ヤマトの旅立ちが始まろうとしていた。



◆敵はガトランティスの新兵器艦隊

前作で火焔…をやったら 特殊な武器が無いので『完結編』のディンギル帝国の『ハイパー放射ミサイル』を拝借、(当分はコレの対処法に苦労して戦う)


◆今回はアーケリアスの遺跡のゲートがキモ

アンドロメダが地球に帰還、ヤマトがアーケリアスの母星に向かうという 距離感で 真田側とヤマト双方で
ゲート装置の長距離ネットワークを利用してほぼリアルタイムに通信しながらハイパー放射ミサイル対処法を模索、や古代遺跡の検証を行う 

ハイパー放射ミサイルの無効化の波形パターンのデーターを地球側の真田さんから送られる事で反撃が開始するというアイデアはどうか?


◆その他のアイデア

ガトランティスの目的は最強のアーケリアスの遺産の古代兵器の奪取で その防衛がヤマトの第2の旅の目的となり、
遺跡の星の地上では ヤマトとガトランティスの騎馬戦との白兵戦が展開(戦国自衛隊みたいな…笑)もちろんココは空間騎兵隊の活躍のシーンですが、こういうのはどうでしょうか…?




◆シナリオ

シナリオとしては『YAMATO2520』の未完部分の後半のシナリオを利用するのはどうか?
2520でもゲート通過後 古代砲VSブルーノア率いる地球連邦との戦いがあったそうで
こういった話になぞらえると、

『ガトランティス+強大古代砲VS地球艦隊+ガミラス艦隊』とかに変えて

『これを制する者宇宙を制する』の真相

最終シナリオ『宇宙消滅の回避』

とかもったいないエピソードとかあるので
を続編で再利用して描くのはどうでしょうか?

これ以上書くと本当に続編やる事になったら支障でそうなんでひとまず おしまい♪



n1239unnso at 23:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)軍曹のつぶやき… | 漢たちのヤマト 

2015年02月19日

続編を考えてみる…

宇宙戦艦ヤマト2199のその後の物語を考えてみました(ヤマトの話題…最近公式の方でもヒマなんで…笑)

54026_1



①時代経過を考えてみれば6年~7年後

代は26歳~27歳だし、表面上あまり変わらないし、
年配の方は人によっては白髪が増える程度ですむ…




②ヤマトのその後・・・

『ヤマト』はコスモ・リーバースと波動エンジンが無二の価値がある事から、地球政府としても
定期的なメンテナンスを残しつつ『封印』されている。


コスモリバースを起動後、 復興途中の地球の為にエネルギー供給のために波動エンジンを動かして 
世界中に電力を配給する数年の任期を終え、そのまま海底ドックで眠っているというのが想像しやすい



③地球環境

地球の地上はまだ、住居システム等まで発展しておらず、エネルギー供給システム(太陽光)や
政府の施設等がやっと表面上に出てきた程度で、市民は少しずつ地下の上層部への移動を始めてた程度。



④ヤマト無き宇宙軍艦は?

地球政府の宇宙軍艦はガミラスの技術提供により、動力はガミラス製の改良機関が全般であり、
ヤマト同様、波動エンジンのコアと同様の部品により、
波動砲の転用はそのブラックボックス化した重要部品の足枷で装備できない様になっている…。

ヤマトはイスカンダル星からの帰還前にイスカンダルで高いセキュリティの改良がさせている可能性が高く、
コスモ・リバースが外すとコアが壊れるとも言われているため、封印が妥当とされている。



⑤新たな旗艦

『アンドロメダ』を含む、3隻の同型艦。
ガミラス製機関のコアはヤマトの様に波動コアのコンパクト化が出来てないため、重力制御と波動防壁を司るかつて
『第三艦橋』と呼ばれた艦底部の突起した構造にあった箇所に露出している構造になっており、
強固な波動防壁に守られている。
艦首は波動砲ではなく、大型陽子砲を多連装化した武器を2基装備しており、発射のタイミングに
瞬時に6角形の物質転送フィールドを成形する事で攻撃範囲を広げている。

残り2隻の名前は『マゼラン』『オリオン』くらいかなァ~

andoromeda


⑥ヤマトクルーのその後…

真田さんは軍の上層幹部にいる
2199の様に欠員傭員として乗り込めない地位までいるので、単純に続編にはヤマトに乗れないので

ストーリーとして序盤、テスト航海とガミラス、イスカンダルとの協定会合(バラン星)の為に首相を乗せた
アンドロメダに乗り込むという形で登場させて話を広げるのもいいかも?
『今度のアンドロメダは沈まない』という意味も込めている
後半を含めて、土方さん共々ヤマトには今回は乗らないが要所要所で物語に出てくる

新見さんは お局状態、西条も若干、毒されている様で、「私に似合う いい男がいないのよ状態…」の
飲み会が度々開催されている。
続編は新見さんと西条はヤマトに搭乗、桐生は序盤、アンドロメダに乗艦している
追加傭員で、真田の懐刀で知的なキャラも欲しい所だが…ユリーシャがヤマトに乗り込むと
いらない様になっちゃうかも?


、上は女児(4歳、下は男児1歳の母、もちろん旦那は『進』、は輸送船 護衛艦、艦長勤務。
雪はただ今、休職中だが、度々新見さんに飲み会の『肴』に子供共々呼び出されている…。
続編では雪はヤマトに乗らず、地球に滞在。
古代は艦長としてヤマトに乗る
代わりに『ユリーシャ』がストーリー途中 ヤマトに搭乗させる事で声優さんのポジション残し(笑)

徳川さんはどう考えても退役、時々、宇宙エンジンの技術教習の顧問で働いている程度。
2199時点で数か月で退役なので続編に乗らない アイ子は小学生!

太助が宇宙訓練学校を卒業して、物資輸送船 護衛艦に乗っている
続編で山崎の下でヤマトの機関で働く

加藤は退役して子沢山の寺の住職?とも考えたが、現在訓練生の教官 真琴はそろそろ子供も大きくなったし、佐渡先生の病院で再就職しようか?って所、
山本&篠原不在のヤマトの艦載機隊長、途中 地球帰還組のアンドロメダに乗り換え

佐渡先生の親戚の姪っ子が医師で活躍している
ヤマトには佐渡先生のバックアップ傭員として搭乗。  ほとんど仕事を姪っ子にさせては飲んでる印象の佐渡先生に戻る?

山本篠原は軍の宇宙戦闘機の教官 ムチと飴の存在、2人の間に恋沙汰はまたくなし…
続編では山本は篠原 同様、序盤アンドロメダに搭乗、第2のヤマト航海で乗り換える

南部 一度は家の会社を継ごうと思うが、とある部下の方が社員の信頼が高いため、社長を断念
軍に戻っている (とある会社令嬢とは御破約)
北野に階級を抜かれ まさかの、続編もヤマトの戦闘班長ではない あいも変わらずのポジション・笑

相原 藤堂の孫娘 藤堂 晶子に恋しているが南部&太田に足を引っ張られている
晶子がヤマトに搭乗させるのもいいかも?


アンドロメダのテストパイロットも考えたが 序盤のヤマトの発進を残そうと思うと
ヤマトの操舵ポジションは変えられない…テレサも登場しない話になりそうだから、ここらへんどうするか?


個人的な続編妄想ですが、キャラにそれぞれのファンがいるので色々意見もあるかとあります。
ヤマト無双化をさせずに 再び緊張ある話にするという事で、序盤はメインを揃わせない形と考えております。

西暦2205年(カブの並びから5の方がいいかなァ~)ヤマト地球帰還から6年後、地球は復興のスピードを加速しつつあった。
 地上には民衆が集団で住む事が出来る多層住居施設のプランが進みつつあり、
イスカンダルとガミラスとの星系どうしの平和的な交流も続いていた…
ヤマトが初めてワープの試験テストを行った 木星と火星間にある宙域で
アーケリアスの遺産である隠された 長距離ワープホール装置の存在を発見した事で一層にお互いの
存在の繋がりを認識しつつあり、遠くない将来、大統合もある可能性も見えつつあった。
ヤマトに変わる長期航行能力をもった旗艦『アンドロメダ』が竣工された頃もあり、マゼラン星雲と中間地点にあるバラン星での会合が行われる事となっていた…。

続きの構想はのちほど…


n1239unnso at 14:33|PermalinkComments(1)TrackBack(0)軍曹のつぶやき… | 漢たちのヤマト 

2015年02月12日

完成しました



これだけの物量は大変と 身に染みてわかりました…苦笑


n1239unnso at 23:29|PermalinkComments(2)TrackBack(0)描いてみました 

2015年02月05日

終んない…笑

daguramu01tesuto01s

左側の ちっちゃいのがマダ細かく塗ってないんだけど、人物キャラクターもメカ含めさらなる汚し作業を
のぞけば全体にやっと色が全て入ってる状態まで出来てきた今日この頃です…。
最近は気分転換に(?)背景塗ってますけど、爆発で見えなくなっちゃう部分が多いんだけど
丁寧に塗っとかないと意外とアラが目立つんですよね…

秋から放送されているアニメと、冬始まったアニメの数本を見てるけど、ちょっと全般的に『荒すぎる』のに
ちょっと不満です…このシーン入るか?とか思っちゃったり、ここまで頭に入らない説明セリフも惨いと
思ったりする事が多々あります…再々放送している『ガールズ&パンツァ―』観てる方がイイと思ってしまう
のが…苦笑。
…まあここまで来たら最後どうなるか観ますけどね…。

daguramu01tesuto02s

微妙な調整ですが、前回の線画と比べてチコの顔の表情とか肩の大きさとか変わってます。
時間を置いて塗っていくとこういった修正が気がついて直す事が結構あります。

n1239unnso at 00:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)描いてみました