2012年09月

2012年09月30日

10年、20年経っても評価される作品を…



1話まるまる見れるみたいですね…。

この作品、単に番組穴埋めのつもりで制作された作品だったそうですが、77話も続いたアニメです。

制作が終了した理由は毎回6000枚近くのセル画を使って製作されたからとかいないとか…

阿久悠さん作詞のOP曲とED曲、なにげに『宇宙戦艦ヤマト』と対局の歌詞だと思いませんか?

知る人ぞ知る良作 と言われた作品ですが、毎回番組を楽しみにしていた子供達は主題歌と共に

忘れていません…。

経済絶頂期の時期に反して、今のバブル崩壊、経済低迷を描いているので 今見てると主人公の苦労も

痛いほどわかります。

最近ではこういった昔の作品をレンタル等で『買わない限り、』安易に見れる環境は無いと思います。

子供に経済力なんでありませんから、タダで見れるものほど、良作なものはありません。

一日100円玉が手元にあるか無いかの世界…

すぐ株価に影響するなんて 大人は思わないでください。

投資と思って商売してください。





最近、ロボットモノでも再放送少なくない? 昔はソフト販売無かったから、過去の再放送のアニメは

宣伝費用タダの販売促進の材料だったのに、これじゃあ プラモが売れないのは当たり前だよね…。



n1239unnso at 22:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)軍曹のつぶやき… 

2012年09月29日

今日は…

甥っ子(2歳5か月)は親が共働きのため、週4日、ウチにくる(実家)…

毎回、朝、2Fに上がってきて 『宇宙戦艦ヤマト2199』の3話を視聴…。

かれこれ2か月以上経ってるが、どハマり中。

2週間前から主題歌は完全に歌えるようになった、伴奏付きも聞いてるので 伴奏付きで歌う、

『イスカンダル』という言葉がスグ覚えたのには驚いた。

来る人、近所の子供にも歌を披露…案の定、歳の若い人には理解されない、30代以上が驚き、褒められる

ある時、近所の家に遊びに来た小学5年生の女の子は『宇宙戦艦ヤマト』の主題歌を知っており、

一緒に歌ったそうだ…親がファンで教えたのだろうか?

『夕日を浴びた戦艦大和』のビジュアルを見ると 甥っ子曰く、『ばっちい』のだそうだ…

戦艦大和が存在した歴史も結末も2歳5か月にはまだ理解できないから仕方が無い、おじさんにとっては

願わくば、『ヤマト』が記憶の片隅に印象に残れば良いのだ…と思って、「見たい」と言う限り、

素直に見せたいと思っている…。

最近、デアゴスティーニ・ジャパンの『戦艦大和を作る』がCMで流れる様になった

甥っ子は大喜び見入っている、このCMは嫌というほどCMが流れるからすでに お気に入りだそうだ。

おかげで ヤマト=大和 の図式が認識しつつある様だ…。

今日は甥っ子は熱がでて 自宅待機、風邪らしい症状は熱以外に無いとの事で、医者は「?」

知恵熱?

あの小さな頭で情報が飛び交い色々考え巡ってるのだろうか?





今日のお昼はカツカレー、ココイチで食事すると ちょっと豪華にやさい+ にしても1000円以内、

3500円も3675円も5775円も正直いらない…

あのカレーには道路税や重量税や環境税でも入ってるのだろうか?



n1239unnso at 23:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)軍曹のつぶやき… 

2012年09月27日

情報

pixivの情報でこうゆう作品があるそうです

「もしアニソンすべてが昭和のロボットアニメ風だったら」

http://www.jvcmusic.co.jp/-/Discography/A024171/VICL-63927.html

「とんちんかんちん一休さん」が個人的に好きです。

n1239unnso at 20:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)軍曹のつぶやき… 

2012年09月26日

明日の君を守りたい





タイトルはまさに近状の気分・笑。
こっちのデザインで新たに物語を描くならOPは変えてもいいだろうけどねぇ~。

この状況でも立案者、個人の発言も説明も無い様だけど…
西崎さんの様に矢面に立つ勇気も、
もちろん、この↑ 作品のプロデュ―サーになるような勇気までは無いんでしょ?

何度も言うけど早期解決を願います…10月入ったら3章公開までスグですから…
目の前の商売をしっかりやる事ですね、失速じゃ 他人の不幸を笑うのが多い同業者に
後ろ指さされて笑われるのがオチですよ。




著作権や予算の都合やスタッフの問題とはいえ、
西崎さんが復活篇で音楽を一部クラシック音楽を利用するという話を雑誌とかで読んだとき、個人的に思う事は
西崎さんに限らず、あの時代の創作の人って、レコードでクラシックを聴いて創作意欲かきたてて
構想を練るとか多くて、行き着く所、クラシック音楽に合わせてアニメや映画を作ったりとかしますよね

世界のディズニーだって、手塚さんもやってる趣向なんですが
「俺の方が使い方が上手い」と言って結構、数多くのクラシック音楽を使った作品がつくられています。
松本零士さんの代表作品の999のTVアニメ版だってあれもそうだよね…。


3章はイントロバージョンなら

個人的には

4章 「ジャジャジャ~ン&きゅおおお」の版で自衛隊演奏バージョン

5章 3番・4番歌詞バージョン

6章 バックコーラス・声優人バージョン

7章 大御所アニメ歌手バックコーラス&スキャットバージョン

一例、特に、このパートナーで↓
http://www.youtube.com/watch?v=CLBSi7jjk4U&feature=player_embedded


の方が喜ぶと思うけど…

n1239unnso at 17:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)軍曹のつぶやき… 

2012年09月25日

なんか、またややこしくなってる?

復活篇の時、色々あったよね…
オリジナルに近づけるには色々難しい問題ってあったよね、
実質、原作、映像、音楽とかSEとかそれぞれに著作権がすべて一人の人間の手元にあるというわけでは無いし、
予算だって余るほどって事では無いし…

リメイクするとかならず、こういった障害って起きるよね…人間だもの、人それぞれ欲だってあるさ

どっちが正解なんて商売は正直分からない。

何がきっかけで人気出ちゃったりするけど、素直にウケを狙うんじゃなくて上塗りで欲描いたら失敗したりするよね…。

まあ、早く事を収める事だろうね…時間が掛かると
最近の世の中、事の問題が変に話が膨らんだりして、悪い話は広まるから…。

『いい話で喜ぶ情報』で広く人々の耳に伝わりたいね…。

n1239unnso at 23:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)軍曹のつぶやき…