2010年04月

2010年04月27日

アニメ映画『マイマイ新子と千年の魔法』のお知らせ。

maimai0001a



さまざまな問題をクリアして 映画『マイマイ新子と千年の魔法』 DVD化になるそうです。


ですが、 ファンは さらなる高画質を求めているので コチラで クリックして 投票してご協力ください。
http://meister.blu-raydisc.com/jp/vote/wantBD/anime.php?idx=7

(『投票』をクリックするだけのコメントしない 方もOKですのでヨロシク)


「それにしても、なんで上の絵に…」

「映画では 物語上 あっという間に 夏がすぎていったので うまく時間軸が合ってれば こうゆう絵づらもあったんじゃないかなぁ~と…
 いちお 昭和30年代の水着(看板絵)を見本に描いてみました、どこかで描いてる人がいるかもしれませんが、
 今から描いておけば このイラスト見て 発売時期にじわじわ 思い出し笑いして
くれるように効いてくるんじゃないかと…」

「・・・」

(4/28 画像・背景調整)




DVD発売日が決まりました。

2010年7月23日だそうです(噂じゃ9月って話だったんですが…夏真っ盛りじゃん・苦笑)

映画本編(約95分)
初回特典:スリーブケース
初回封入特典:世界に一枚!マイマイ35㎜フィルムしおり
永続特典:永久保存版「マイマイ新子」絵コンテ&設定ブック
永続特典は『マイマイ新子ガイドブック』16P

特典映像収録内容:
■ 劇場予告
■ TV-SPOT
■ 監督とスペシャルゲストによるオーディオコメンタリー
■ ノンクレジットエンディング
■山口放送特別番組 
■東京・山口舞台挨拶
■メイキング映像
①これまで語られなかった「マイマイ新子」の舞台裏
②フランスでのメイキング仕様映像  
■未公開カット含む原画撮影映像    
■未公開シーン集
*商品仕様、特典は、都合により予告無く変更する場合があります。



n1239unnso at 00:02|PermalinkComments(4)TrackBack(0)軍曹のつぶやき… | 描いてみました

2010年04月26日

小見山フミ/東京物語


humi001

(小見山フミ/東京物語)

ふくやまけいこ さんの漫画。

『東京物語』に登場する 昭和初めを舞台に出版社社員・桧前平介と風来坊・牧野草ニ郎のコンビで
さまざまな事件を解決するミステリー作品。
その彼らが 通う 伊勢屋・蕎麦屋の看板娘『フミちゃん』を描いてみました。

当時、月刊アニメ-ジュを読んでた頃に連載されていたのは 『風の谷のナウシカ』の後半、
ナウシカがオームに食われっぱなしで 映画製作が入り、休載が続いた間
この漫画があったから あの雑誌を 定期的に買ってたといっても過言でもないデス。
なにしろ 月刊でページ数が少ないので コミックス化がされる期間が長いこと…(辛)

                             ◆

描きかったのに描けなかった ふくやまけいこ さんのキャラクター…

この『描いてみました』でコンスタントに描いて画力が上がったおかげか? 
らしく 描けるように…個人的に願いが 叶いました

初期作品で絵柄も2種類あるんですが 現在のふくやまさんヨリの絵で 降臨させました。

第十話「銀幕出演談」で フミちゃんの お店名と本名がわかるんですが、あとは 『フミちゃん』しか
呼ばれていないので 小見山フミではピンとこない人が多いかと思います。

そのむかし 宮崎駿 監督が映像化する企画もあったそうで…(本当?)
片渕須直 監督なら観てみたいが…

tokyo0103
(東京物語(全3巻)/ふくやまけいこ/ハセガワ文庫)

 




n1239unnso at 00:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)描いてみました 

2010年04月24日

なんだかんだ いっても この時代がロボットの華だと思います。

modelgraphix006

今月号の『モデルグラフィック』、直線の集合体と曲線の集合体の両者が1つの写真に並ぶのは
めずらしいですね…

サイズが7~8Mのダグラムと16~17Mのバイファムが横並びはありえない絵ではありますが…笑。

ガンダムからの脱却を模索していた デザインを 一言で「カッコよくない」と言われてしまう モデラーの世代まで来たのには ガックリしますが、

年がら年中 似たり寄ったりのデザインのキットが売られて
見方に変化がなければ そりゃそうなるわなァ~と思います…。

あの世代になると 昔のアニメの再放送が激減し、それこそ大人が買うための DVD-BOXになって
見る機会が無いんですよね…。

確実に自分の世代までは 再放送があって 再確認できる環境が整ってたし、

昔は確実に ヤマトを知って、大和を知るって 環境があったと思うんですよね…。

ティーガー(ドイツ戦車)を知って クラブガンナー(ダグラムに出てくる4本足の戦車)の 戦略性に疑問を感じたり(笑)

スペースシャトルやアポロが宇宙で どう動くかを理解した上で 表面デザインよりもバイファムの機能に惚れるとか、

リアリティの多少のギャップがありつつも 『お手本』がある環境がしっかりあって 
仮想の世界で 楽しむ環境があったわけで、

大人の手のひらでもてあそばれて育ったのかもしれないけれど 選択肢のある
いい環境だったのは確かだったと思います。

雑誌を読んで 悲しいけれど、この時代のモノがそう簡単に 新金型化しない 理由がわかった気がします。



n1239unnso at 22:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)軍曹のつぶやき… 

2010年04月22日

マリー・ハドソン/名探偵ホームズ

hadoson0001

(マリー・ハドソン/名探偵ホームズ)



描いてたモノが数点あるんですが、 この所の記事と似たり寄ったりになるので保留として
ハドソン夫人をチョイス。(え、かぶってるって?・笑)


劇場版は『エリソン夫人』だそうですが、 主人公のホームズの声がTV版の広川太一郎さんの声じゃないのをはじめ 
声優陣、音楽で違和感がありすぎて TV版をこよなく愛する自分にとって
彼女は ハドソン夫人であり、 19歳未亡人、
お声が 麻上洋子さんの やや天然っぽさのある「ハ~ィ♪」(ミセス・ハドソン人質事件のセリフ)
の美声しか脳にインプットしておりません…


この作品に参加の『マイマイ新子と千年の魔法』の片渕須直監督の脚本は
『ミセス・ハドソン人質事件』『青い紅玉』『海底の財宝』『ドーバー海峡の大空中戦!』
の4作、また演出補で参加した『ブンブン!はえはえメカ作戦』であり、 
作画・原画スタッフの贅沢さもあり、どれも名作ばかりなのはみなさんの知るところであります。

そのなかでも 近藤喜文さん(現在は故人) 作画の話は ミセスハドソン夫人の描写が見事で、見所は少ない線で描かれた
腰とそれにつづく オシリへの曲線ラインは勉強になります、
おかげで他の作品でも 彼の描いた絵はそこを重点にすると見つけやすいんですが…笑。

そうそう、近藤喜文さんと友永和秀さんをモデルにモリアーティ教授の部下の
『スマイリー』と『トッド』を描かれたそうです・笑。

(画像一部調整・4/23)




n1239unnso at 14:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)描いてみました 

2010年04月20日

『fellows!』 10B にシャーリー載ってます。

fellows0101a

(fellows! 10B/エンターブレイン)



なんかも~ 気むずかしい話なんて なくていいから これはそのまま『のほほ~ん』と描き続けてと常に願う作品。
森薫さん 待望の不定期作品『シャーリー』今月号と来月号の『fellows!』に降臨!

今月、A、B、に分かれている奇妙な雑誌に変貌した『fellows!』
サイフに余裕が無かったので 『シャーリー』側の B しか買わなかったけど いいんです♪


fe001002b
↑ オビに シャーリー♪ 

創刊前の過去にも シャーリーが描かれていたので もうちょっとしたら コミックス2巻出るかと思うと
楽しみです。
短いスパンで どんどん ほわんほわん 描いて下さいまし…先生!





PDR_0087



↑ コミック化記念につくられたyujin販売のシャーリー 当時 知名度も低く、 お店が閉店ということで安く手に入れた一品 今にしては貴重? 


n1239unnso at 23:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)おすすめ漫画作品