2006年05月

2006年05月31日

ぶらり 近所散歩…HDD蔵出し写真。

ウチの市には あの『三ツ矢サイダー』の発祥の地があります。

e179f884.gif


 清和源氏の祖、源満仲公が城をつくろうと 住吉大社に与えられた白羽の鏑矢で天に向けてはなった矢が飛んでいった方向を目指しこの地にやってきたことから言い伝えははじまっており、

 ある時 鷹狩りに出かけた際、偶然に居城に近い塩川の谷間に湧き出た水を発見、高い治癒力を持った霊泉であったといわれており これを沸かして温泉として明治初年頃まで永く繁栄した温泉郷だったそうです。

 その一方でこの鉱泉を商品化して売り出したのが『三ツ矢サイダー』というわけです…。

4e2fc3e8.gif


 元祖『三ツ矢サイダー』は只者ではないのが上の記事、コレラ菌に殺傷能力を持っていたという鉱泉だった事がわかり、言い伝えがさらに拍車がかかって東宮殿下(後の大正天皇)の御料品に指定されたそうです。

6725a05e.gif


 見た目立派そうな化粧箱です…これで皇室および宮家へ納入されてたんですね…。
 ちなみに 一番上の写真の建物は御料品を製造するため専用の建物(昭和45年建築)だったそうです。


◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆




 もうひとつネタをだしますと わが市では こんなへんてこな 名前がつけられた橋があります。


f5f3431f.gif


 その昔、川の氾濫でたびたび 木造で造られた この橋が流される寸前の様子が『コンニャク』のようにグネグネと曲がって耐えていたそうな…困った
 そんな子供がタマにつける屈辱的なあだ名の様な名称をもった橋です笑顔
(もちろん今は立派な橋になっております)


at 22:36|PermalinkComments(0)軍曹のつぶやき… | 名所めぐり

2006年05月30日

おすすめ!新刊漫画情報(3)

ea56424e.gif

『新・子連れ狼』第7巻/小池一夫(原作)・森 秀樹(画)・週刊ポスト連載/小学館発行


>『墨攻』・『ムカデ戦旗』で圧倒的な作画で描いた 森秀樹氏が故・小島剛夕に代わって描く 前作『子連れ狼』の続編。

 個人的に雑誌の方は読まないでコミック化してから一気に読みたい作品。
この絵を見てだれがその昔、デビュー時の森さんの絵が あだち充・風だったなんて信じられるだろうか…?
 宮崎駿監督が一度『ムカデ戦旗』を映像化したいと企画を上げたほどだが、正直 原作を越える映像化が出来るかどうかは想像できず、その前に描いた『墨攻』は夢のまた夢だろう…。

 最近、面白い時代劇がTVで放送されていないので この漫画が救いです笑顔

at 22:01|PermalinkComments(0)おすすめ漫画作品 

2006年05月28日

なつかしの名曲たち…

 今日、NHKの衛星放送で『BS永遠の音楽・アニメ主題歌大全集』を放送していたので録画して 数時間ズレて視聴させてもらいました。
 結構、いままでのこの手の番組にない最近聞けない主題歌が聞けたりしてよかったです、まさか『ニルスの冒険』の主題歌まで聞けると思わなかったのでNHKつながりの『青いブリンク』の主題歌『瞳の中の未来』(歌・南野陽子)も聞いてみたかったなァ?なんて…笑顔
2c2ea901.gif

(おそらく、長編で手塚治虫先生がかかわった最後の作品、『青いブリンク』)

口癖は「カケルくん!勇気を出すんだ」笑顔



 戦隊モノの主題歌が連続できたのもすごかったですねぇ?異色の3人メンバーしかいないの戦隊『サンバルカン』は久しぶりです。

 オリジナルで聞けること自体すごいことなんでしょうけど それぞれが時が経過しているのもかかわらず美声はいたって昔と変わらない努力は大変だろうと思います。
 最近 聞けない少年少女合唱団との歌のカラミも大変良かったです・・・。
「アニメって本来こうあるべき!!」って要素がひしひしと感じます。
 録画してよかったァ?悲しい

at 23:59|PermalinkComments(0)おすすめ音楽 

2006年05月27日

おかげさまで…

このブログも2年目突入しました…。
(注・2004年8月の所は編集情報ページに利用しています)
5d62c989.gif

 最近は観覧する人の人数も増えてきてるのをグラフで見て喜んでいる日々であります。

 しかしながら 一方で気になることがあります。
 リンク元URLなんか見ると『エアガン』で検索をかけている人が多く、ちょっとした雑誌の紹介をブログで書いた事がきっかけで調べてみるとなんだかんだで蓄積してヤフーの検索エンジンでウチのブログが2番目になってたりしているみたいなんですよ…困った
 『モデルガン』で検索かけると ほかのサイトで埋め尽くされるんですが、どうも私と同じ初心者だとつい『エヤガン』の方で書いちゃうみたいですね…。

 ということで、あらためて くじら軍曹が推薦する わが友のSo-sui氏のHP『TAO』の紹介をブログで書いてみました・・・。

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

『DEGITAL TAO』
http://www.ne.jp/asahi/tao/so-sui/

a014e2a3.gif


 モデルガンをこよなく愛する人によって作られたHPです。
当初はポエム的な自作漫画を掲載する中でモデルガンを紹介していたんですがいつのまにか比率が反転し『武器庫』になっています笑顔

3f8900b7.gif


『裏メニュー』には(こっちよりも正面のほうが裏っぽいのだが…)
So-sui氏の奥様が管理している『すだきち』があり、

bb794b66.gif


徳島の人気キャラクター『すだちくん』を追ったHPを主に主婦の視点からの子育て日誌が時折書かれているブログも連載されております。(So-sui氏の影がなぜかここでは薄い…落ち込み

 私のブログではこれからもたぶん良いモデルガンの話は出来ないと思いますので こちらの方で発散していただければよろしいかと思います…。プレゼント
 特にいま掲示板では同じ趣味を持つ人々達のたまり場になっていますので入隊(?)しやすいかも…(笑)

at 21:42|PermalinkComments(0)軍曹のつぶやき… 

2006年05月26日

おすすめ!漫画新刊情報(2)

6a32e8d2.gif

『エマ』第7巻/森薫・ビームコミック/エンターブレーン発行


『エマ・ストーリー』の最終巻。
当時この作品に出会ったときは雑誌がマニアックな雑誌だけに知名度が低く ひそかに連載されていたのだが 時代の風潮か、巷でメイド喫茶というコスプレ女性がうろつくようになったら一気に知名度が上がった…個人的にはそっとひそかに咲いてほしかった良質作品。

 最近ではメイドに関した資料集が発行されていたりするが、この漫画だけで十分たる情報量があるので こちらのほうが動く『真のメイド』が見れるので文字ばっかりの本よりよっぽど良いと思います…。

 この漫画のきっかけはNHKで幾度となく再放送され続ける『グラナダ・ホームズ』に登場するメイドを見たのがインスパイヤされたきっかけだとか…



 一方で友人のSo-sui氏がこの『グラナダ…』作品の見所を語ると

「薬でラリっているホームズがダークな一面がある所が良い」困った

という発言が返ってきたりするのでこの『グラナダ・ホームズ』あなどり難し!な実写作品みたいです…。

 自分は『名探偵ポワロ』派なので くわしい話は語れませんが、このブログを読んでSo-sui氏が書いてくれる事に期待しましょう…。
 宮崎アニメのホームズなら『喋り方のモノマネ』できるぐらい好きなんですがねぇ?。



 話が脱線しましたが、この作品、正直いいますとフェチズム全開のイラスト満載の作品でして 最近まれな記号化で簡略化した描画をしていないのが持ち味として残っているのが素晴らしいです・・・。
 年齢を重ねると緩みが関節を折りたたむと現れる「ふくよかさ」が氏の女性キャラには描かれていたり、しぐさの表現にしても一定じゃないマニュアル感がつねに刺激になって勉強になります。

 趣味の(?)コルセットネタを披露し、装着シーンにかるく2?3ページ描いちゃったり、
猫の視点でメイドをストーカー(?)する話を1本描いちゃったりする非常に良い趣味を持っている作者ですが、
 じつは女性漫画家であったりする(こまった)作品なのです笑顔

 私の言っている説明がよくわかる イラスト満載の森薫HPはコチラ…


森薫・公式HP『伯爵夫人の昼食会』
be5638dc.gif

http://pine.zero.ad.jp/~zad98677/




>余談なんですが、『Hoby Japan』7月号で脅威の「1/350」モデル『宇宙戦艦ヤマト』がバンダイでプロジェクト始動中の記事が…ヤマトの全長は256.8M、ってことは
73cm?!?でかッ!!
 とことんやるなら、塗装しなくても色ムラがほどこされた『プラ素材』や『好みの波動砲ラインに換装できるパーツ×松本零士6角形バージョン×アニメバージョン×庵野秀明サイン色紙のヤマト波動砲バージョン』とかあたりまえにあって欲しいです…というか買っても置く場所ねぇぞ…ホコリ対策必至!困った

at 21:33|PermalinkComments(0)おすすめ漫画作品