2006年03月

2006年03月26日

ぎゃっふん(ウイルス対策・OS更新はこまめに)

>お客さんの購入したパソコンがウイルスに感染!
 2006年版のソフトを入れてもOSのバージョン古くてインストール出来ず、
OSの更新を試みるが、プログラムの欠落か?ダウンロード失敗を起こしバージョンを上げられない状態までに毒さてしまっており 結局、『リカバリー作戦』をするハメに…(しかもOSはXP2002年版・・・)困った
1e7ab25a.gif

―――――おかげで金曜、土曜はココに来ることも出来ずに上に描いた悲痛なラクガキも載せられませんでした。
 みなさん ちゃんとウイルス対策とOSの更新はちゃんと行いましょう。





>今日の出来事。
とある 仕事場である言葉を連呼しながらチャリンコを乗り回す少年と遭遇・・・。








 
d320d205.gif


彼にここまで印象を与えた映像作品はいったい?何なんでしょうか?!?

 続きの言葉が出てこないトコロを見ると「第一発見者・モノマネ(しかも、見つけるだけで何もしない人物)」の様です笑顔

 彼なら、12時の方向っ! ミサイル多数接近ッ!!の役が務まるかもしれません…(笑)。

at 22:19|PermalinkComments(0)近状報告 

2006年03月22日

さらば!(ヤマトの宮川泰・永眠)

ebccf393.gif

 宮川 泰さんの訃報を朝のニュース番組で知りました。

やっと一般に普及し始めたCD付きラジカセを購入の際、CDを勇んで買い漁った初期に手に入れた一つが『交響組曲・宇宙戦艦ヤマト』でした…。
 カセットテープ全盛期の時期はゲーム音楽に火がつき、『ドラゴンクエスト/作曲・すぎやまこういち』が交響曲で演奏された音楽を何回も聴き浸ってからというものオーケストラの魅力に触れてからでしたから このCDに流れる心地よいサウンドは感動でした…。

 様々な楽器が絡み合い交差しながら高みへ上り続ける 2.『誕生』は今でもゾクゾクしますし、同10.『回想』、組曲さらば宇宙戦艦ヤマトの6.『想人』なんかは情感タップリで涙目になります。

 宮川さんの作曲したヤマト・BGM集は下地にクラッシックのサウンドを見えるか見えないかぐらいで残した上で、より良くストレートに耳に届くテーマ曲が乗っかっているのが見事な上に、戦闘BGMとはひとくくりできない美しい軽快なサウンドセンスは大好きなポイントの一つでした。
 こないだの映画の『大和』が氏の音楽じゃなかったので残念でしょうがなかったくらいです氏のサウンドは他では聞けないモノがあります…。
 スキャットをうまく利用するなどその後の日本の音楽スタイルに影響は与えた先駆者だと今でも思ってましたので もう少し氏の作曲した音楽を聴きたかったのですが…。

367e52b0.gif

(組曲・さらば宇宙戦艦ヤマト)


4542e324.gif

(さらば宇宙戦艦ヤマト エターナルエディション)

『さらば宇宙戦艦ヤマト エターナルエディション』は
さらば…で使用された 1作目交響曲・宇宙戦艦ヤマトの音源と新たに作曲されたさらば…の劇中に実際使用されたの音源が収録されたアルバム。
 劇中に使用された順番どうりに収録されているので 後半は映像を思い出しつつ泣きながら聞けます。 1番充実したアルバムではないでしょうか?
 ツタヤのレンタルで安易に借りれるので映像と供にどうぞ…。

b30c598e.gif

(ザ・ヒットパレード)

『ズームイン朝!』のテーマの音楽が聴けます 「あなたのォ 町にぃ ズーぅム インッ!」とついつい言ってしまいそうな軽快な音楽が◎

b7804f7f.gif

(ゲバゲバ90分ミュージックファイル)





at 22:08|PermalinkComments(0)漢たちのヤマト  

2006年03月21日

天晴れ!ジャパンチーム

王ジャパン世界一ィ?!!
b00c0f99.gif

 9回までヤキモキされましたが見事、栄えある大会、第一回の世界一になりましたねェ笑顔
 次回の開催日や、試合会場は未定との事らしいんですが・・・
アメリカがふてくされて「もうやんない!」なんて言わないでしょうねェ…困った

 しかし、自分はイチロー選手みたいに感情を顔に出さずに 心ではゆるぎない意志を絶えず消さず燃え上がらせるなんて真似できませんねェ?。
 自分はそういうキャラクター(70?80年代前半はそういうのがいっぱい登場しました)が大好きなんですけど、いざ…自分がデキルかっちゅうと関西の血が暴走してスグに脱線します落ち込み「だみだァ?」


at 23:26|PermalinkComments(0)ニュース関連 

2006年03月18日

おひさしぶりで…(デジタル関連の噂話)

 デジタル関連の仕事をしているんで、2月?3月は コッチにくるのも気が向かないくらいいそがしかったんですよねェ?。
 仕事をはじめて10年経つと、色々と大人の責任を任される事が多くなって来ています。

タロォ?!!ジロぉ?!!

突拍子もなくてスミマセン笑顔今、感動の犬との再会でしたので…つい

 けっこう内容 覚えているもんですねェ…小学2?3年の時、映画館見に行ったキリでしたから…。

 今回、『南極物語』はデジタル・リア・マスター版で地上波でハイビジョン放送されていましたが、これからドンドンこういった高画質化をするんでしょうなァ…。
 でも、あくまでマザーテープの保存フィルムのサイズが大きいほど出来るハナシで、16?サイズの作品をどうにかしろっていうのは難しいみたいですねェ?。

>というわけで、最近のデジタルの話。

>あまりこれは知られていない事
最近の上位クラスの液晶やプラズマ、ブラウン管にはD4端子の他にHDMI端子というのがあって、この端子で映像を送信できるDVD機器であればDVD(525i)の映像レベルをハイビジョン化(1125i)に映像変換する事ができるそうです。ただし、元が映像が悪いモノは良くはならないので、ごく最近の高画質記録された映像作品が対象になる話ですが…。 でもまあ、これでソフトまで無理に買い替えしなくてもイイというわけになるので大画面で見たいっていう方には朗報だと思います…。

>出そうで出ない、○芝 次世代ディスプレイの販売延期の裏話
 量産体制で売り出す製品レベルは達成しているそうです…。ただ、生産の要である兵庫の工場土台そのものが完成していないため、チップとパネルの生産レベルが合致しないため、やもなく…っていうのが販売延期の理由らしいのだそうで・・・生産速度が悪ければ悪いほどコストもかさばるし、むずかしいんでしょう。

>ブルーディスクにはやくも新・旧が存在し、互換性なし
 現在販売されている ハイビジョン録画用のブルーディスクは今度販売される セル用ブルーディスクのソフトは互換性がないため再生できないそうです。
そう、気がつけば、次世代ブルーディスクになってたのです!!
 はやくも往年のマニアの虜の『○ーター』の扱いに似た匂いがぷんぷんするのは如何なものか?

at 23:25|PermalinkComments(0)デジタル関連機器