2017年08月03日

おひさしぶりです

7月まるまる更新してなかったですね…Twitterではちょこちょこつぶやいていましたが、
夏は色々と仕事上 体力的にも ぐったりしているので 日々があっという間に過ぎるのは早い様で…

宇宙戦艦ヤマト2202の1/1000シリーズの新作プラモも アンドロメダの姉妹艦である別カラーバージョン以外は
10月まで空いているので再びプラモも休憩期間が続いたりするので
予定ではなかったバンダイのスーパーミニプラ『機甲界ガリアン』を買って組んでたりしてました。

DFKapDGUAAAPA0r

バンダイって時々 別シリーズで 同キャラクターの商品化が続く時があるので
プラモの場合、横目で観察してから『今回限りの新作』を判定するんですが、
今回はハイメタルR化かはないかなぁ~と思いまして…。

IMG_20170211_235423_453

ダグラムは腰の可動域が新作でも改善されにくかったので 他社の商品にまったく
手を出さなかったので バンダイのダグラムは当時のデザインボリューム感は残しつつ
足のポーズをつけるのは優秀なのには買って感動しました。
C4YguWPUMAAQqS8
C4Ygvm_VUAMXHXt

前に描いたイラストにもポーズとれるんですよ♪

C-856YPU0AASAo1
C--e8YuUwAAAXap

一方で出ないものは出ないということで 旧キットをパテやらで加工して仕上げなきゃ
いけないキャラクターもあるので周年記念という期間時期にすべての要求にメーカーが
答えられないのもありますが…


DFkXqgsUQAAAu4J

DFkXsBWUwAAG0yi

蛇腹剣モードのパーツは 別の商品のおまけに付いてるそうですが、プラなので
自由に変形できないので今回はあきらめようかと…

DFkXt7iVoAAyPgF

スーパーミニプラは今回は初めて購入でしたが内容はミニプラといえど、
1/144のガンダムプラモより関節パーツ数が非常に多いし可動も造形もピカ一で
劣っていない商品ですね…今度のラインナップは『ザンボット3』とのことで
変形機能もカバーしているとの事で即購入決定済み、手元に届くのが楽しみであります。



n1239unnso at 09:35|PermalinkComments(0)玩具・景品モノ | 近状報告

2017年06月29日

宇宙戦艦ヤマト2202 第2章『発進篇』


oibb

特別上映 初日に観てきました。

第1章『嚆矢篇』では前フリとしてのツカミにしては 味方側も敵側も早々と 姉妹艦や中盤メカが登場
してくるだけじゃなく、『敵の親玉が早々と地球を目標に侵攻する』という話になっていただけでもヤバくね?が

第2章でヤマトが発進したのは色々と『遅かったっぽい』という状況が具体的に展開して悪化しています。

4話分の尺でも疾走感は健在、1話1話週ごとに放送されたとすれば てんこ盛りの状態で生殺し×4かも…。

キャラクターのセリフでニヤリとする部分は もう一人の脚本家の岡秀樹さんの
全ヤマト(復活篇・2199・2520を含む)を視聴して頭に入れている部分+α のアイデアかと
思っているんですが、良い感じにシナリオに反映していると思います。


n1239unnso at 00:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)軍曹のつぶやき… | 漢たちのヤマト 

2017年06月28日

地球連邦主力戦艦・ドレットノート級 1/1000 『宇宙戦艦ヤマト2202』

IMG_001
  地球連邦主力戦艦・ドレットノート級 1/1000 『宇宙戦艦ヤマト2202』

DDadiwMV0AA6RMl

はじめに…
携帯電話のカメラで撮影したため画像がボケたりカラーが統一できてなかったりして すみません。

宇宙戦艦ヤマト2202のプラモデル第二弾は『主力戦艦』が登場しました
現在のところ非常に売れ行きがいいらしく店頭では売り切れ状態になってるとか…
自分も在庫1つの状態だったので結構すごい事になっているのではないでしょうか。

今回のキットは艦橋上部アンテナと周辺の左右に伸びる突起物が一体成型で金型一発抜きされている
というバンダイの職人技で 鬼門とされていたアンテナの 組み立ての簡略化に成功しています。

さらには第一弾のアンドロメダの造形から早々に 電飾の光漏れ問題を 遮蔽シールでふさぐのではなく
黒いカバーで一旦 発光部とクリアパーツを包んでから 船体に取り付ける仕組みに改善されています。


DDadYd0UAAEEp2D


DDadWF1VwAE96U4

船体基本色は成型色のままで
甲板に タミヤ缶スプレー TS-4
白い部分に タミヤ缶スプレー ライトグレイ AS-16
赤い部分は Mrホビー(クレオス) ヤマトレッド YS02
推進機黒部分 Mrホビー(クレオス) ジャーマングレイ 40
一部グレー色違い部分 Mrホビー(クレオス) 軍艦色(1) 31
となります。

DDadxKgUQAE6q4S

水性デカールには14隻の艦名が印刷されており、複数買いの方も安心の 好みの
名前で主力戦艦を作れるようになっています。

DDadXPGVYAAl3q9

DDVYQ6nU0AA4tm3

後方の縦に色分けされた部分は 着色(もしくはシール)が必然で そのままだと船体の基本色
のままですから、場合によっては 旧作カラーと仕上げることもできます。

DDadZx2V0AAoIbs

DDVYT6qU0AIK52r

艦首波動砲と艦橋灯は付属のLEDパーツで光らすこともできます。
後方船体は引き出し方式で外れるようになっており、新しく発売されている電飾ユニットを仕込む事で
可能となっています。
この後方の船体分割位置、今後のバリエーションの展開の重要部分になりそうな予感もします。

DDLmSm-U0AA7ioT

側面連邦マークのインテーク部分、設定通り 奥の部分を赤く塗りましたが、製作途中
の画像以外うまく映ってませんねぇ~苦笑。

◆追記 7月2日のなんばパークスシネマで舞台挨拶付き2章を前席で見たとき
艦橋横の塗り分けを見つけて 忘れていたので塗りました。

DDuooJ0UwAAhyJs



n1239unnso at 23:50|PermalinkComments(0)漢たちのヤマト  | 玩具・景品モノ